「ホームページからの問い合わせがない」となげく前に。ウェブ活用見直しチェック項目まとめ

ウェブマーケティング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

ウェブを活用されている企業様が多くなりました。
ウェブページを持っていない企業を探すほうが難しいくらいです。

しかし、ウェブを活用することによるメリットを享受できているところは、そんなに多くないようです。

「ホームページからのお問い合わせがない」
「アクセス数はあるが、売り上げにつながらない」

こういった声をよく聞きます。

 
今回は、ウェブを効果的に活用するためのチェック項目を紹介します。

各チェック項目に○か×をつけていくことで、自社の強みや自社のサイトに足りないものを見直すきっかけになればと思います。

状況把握

  • 市場がどれくらいの規模なのか、成長している市場か、把握できている
  • 競合他社がどこか明確になっている
  • ホームページが、どのくらいの人に見られているか把握できている
  • 単純にアクセスあるだけでなく、具体的にホームページからお問い合わせや注文がある

戦略・戦術

  • 競合他社に勝つためのポイントが明確になっている
  • 顧客ニーズにマッチした表現を使っている
  • ターゲットのキーワードか明確になっている
  • 狙ったキーワードで検索エンジンで上位表示できている
  • 狙ったキーワードで実際にアクセスを獲得できている
  • 狙ったキーワードで実際に問い合わせや注文を獲得できている
  • ビジネスゴールを意識してコンテンツ更新ができている
  • 営業計画や方針が個人の判断で変わるのではなく、会社として一貫性がある
  • 具体的数値目標/営業計画ができている
  • 媒体ごとの投資予算と費用対効果を分析し、コストを監視/改善できている
  • 新規顧客を開拓するための手法が明確になっている
  • 商品・サービスをホームページでどうアピールすれば良いか認識できている

オペレーション

  • ホームページに掲載すべきことがイメージできている
  • ホームページが紙のチラシやパンフレットと連動できている
  • ユーザー行動に基づいてホームページの使い勝手を改善できている
  • ホームページ更新が滞ることなく、定期的にコンテンツの追加ができている
  • ホームページ担当者が日々何をすればよいか明確になっている
  • ホームページの更新ルールを定めている
  • 問い合わせ対応ルールを決めている
  • ホームペーシが営業コストの改善につながっている

まとめ

いかがでしたでしょうか?
なるべく業種業界問わない内容にまとめましたが、項目によってはご自身の業界に合わない内容もあるかもしれません。

チェックで×がついたものは、改善すべき余地があるものです。
大幅に変更しなくても、少しずつでも調整をしていくことで成果は大きく変わっていきます。このチェック項目をウェブ活用を見直すきっかけになればと思います。