ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

KPIとは?コンバージョン率最適化でのKPI例

コンバージョン率最適化

目標を達成するためには、指標が必要です。
指標を目印に、正しく状況を把握して次の施策を考えることが大切です。

今回はその指標であるKPIとKGIを紹介します。またコンバージョン率最適化でのKPIの例も併せて紹介します。

KPIとは

KPIとは「Key Performance Indicator」の略になります。
日本語だと「重要業績評価指標」や「主要パフォーマンス指標」などと言われます。

ウェブサイトを運営する上で、KPIを定めることはとても大切で、業績を定点計測することで、目標達成のための指針や状況の把握ができるようになります。

KPIの作り方

KPIを決めるために「ロジックツリー」や「マインドマップ」を利用して洗い出しをしながら考えていくことをお勧めします。以下はロジックツリーを利用した例になります。

KPIとは

クリックすると拡大表示されます

この画像の青い四角それぞれがKPIになりえます。
定期的にKPIの数値をチェックすることで、業績の状況の把握や、新たな施策を立てる際の指標として活用します。

KGIとは

KPIの他に「KGI」という指標があります。ここで併せて紹介します。
KGIとは「Key Goal Indicator」の略になり、
日本語だと「経営目標達成指標」と言われます。

KGIは、「ゴール」にあたるものの達成度合いを測る指標です。
このKGIに対して、KPIはKGIを達成する過程において、状況を測るための指標ということになります。

上記の画像の例で言うと「売上」がKGIに、
そして売上に紐づく他の青い四角がKPIになります。

コンバージョン率最適化でのKPI例

コンバージョン率最適化の際のKPIの例を紹介します。
GoogleAnalyticsなどの解析ツールで、以下のようなKPIを設定しておくことで、定期的に数値を確認できるようにします。

・コンバージョン率(「コンバージョン率最適化とは」参照)
・RPV(Revenue per visitor:訪問者1人あたりの収益)
・平均注文金額(Average order size)
・平均注文商品数(Average items per cart completed)
・直帰率、離脱率(「直帰率や離脱率を下げる方法」参照)

まとめ

KPIについて紹介してきました。
あくまでKPIは目標(KGIやゴール)を達成するための中間指標と捉えるようにしましょう。

「KPIの数値はアップしているのに、目標である売上アップには繋がっていない」という状況もあり得ます。
大事なことはKPIの数値を見るだけでなく、その数値が持つ意味や理由について考えること、そして改善のために具体的な行動をしていくことです。