シンクロニシティという考えかた。日常の些細なできごとから何を読み取るか

雑記・つぶやき

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

「シンクロニシティ」という考え方/概念があります。

Wikipediaにはこう書かれてあります。

シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、ユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」を指し、日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」と訳される。例えば、虫の知らせのようなもので因果関係がない2つの事象が、類似性と近接性を持つこと。ユングはこれを「非因果的連関の原理」と呼んだ(出典

なんか小難しい解説ですね、、

ポイントは「意味のある偶然の一致」という点です。

僕はこれを「日常のできごとは自分に対する何らかのメッセージ/ヒントである」と解釈しています。

僕は、大きなビジョンを持ち強い意志で進んでいくことが大切だと考えています。

ただ一方で、日常に起こる些細な出来事の中から自分へのメッセージやヒントを読み解くことも大切だと考えています。自分の周りで起きている出来事は意味があって、自分が進むにあたっての何らかのヒントになると思っています。

僕たちの日常の出来事に、決断や選択に対するメッセージがあふれていて、それを数珠繋ぎにすることで、自分自身の使命が少しずつあぶり出されていく気がしています。

なんかスピリチュアル的な話になってしまいました(笑)

 
「自分探し」というのがありますが、自分探しというのは、滝に打たれることでも、海外を放浪することでもなくて、ただ日々の仕事を全力でこなしつつ、そして僕たちを取り巻く日常の出来事を読み解く中で、おのずと達成されるものではないでしょうか。

待ってるだけでは、いつまでたっても何も達成できませんし、何者にもなりません。全力で行動してこそ、本当の自分に出会えるんだと思います。