日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

人が何か選択しようとしたときの正解率はチンパンジー以下である理由

雑記・つぶやき

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

人生は選択の連続です。

しかし面白い事実があります。

「人間が何か選択しようとしたとき」の正解率は
なんとチンパンジー以下だそうです。

その理由は、バイアスです。
バイアスとは、考え方や意見に偏りを生じさせるもののことを言います。

人間が世界やできごとを認識するときには
少なからずバイアスが影響します。

人間が何か選択しようとしたときの正解率はチンパンジー以下の理由は、このバイアスにあります。

チンパンジーはランダムに選ぶので33%で正解します。
対して、人間はバイアスによって正しく物事を捉えることができず、33%を下回るということです。

バイアスの一部の例として、以下のようなものがあります。

・集団心理によるバイアス(みんなもやってるから、など)
・二極化によるバイアス(善と悪、良いと悪い、など)
・価格によるバイアス(値段が高ければ価値も高いはず)
・ブランドによるバイアス(あの人が言うなら、など)

おもしろいのは、専門家や学歴が高い人
社会的な地位がある人ほど
バイアスが強くかかりやすいということです。

「僕だけは正しい」と思うのも、
これまたバイアスの仕業です。

このバイアスは
セールスの場面で使われることがあります。

セールスライティングで、価値のないものをいかにも最高の商品のように伝えることも可能です。最近のセールスライティング至上主義的な風潮もいかがなものかと思うわけです。

セールスライティングというテクニックは大切ですが、中にはそれを悪用する人も少なからずいるので注意が必要です。

とはいえ、僕ら人間がバイアスを全く排除して選択をすることは、なかなか難しいことです。

自分の立場が
買う側であれ、売る側であれ
または、選択する側であれ、選択される側であれ、
「この選択にはどんなバイアスが効いてるのか」
と頭のすみに置いておくことが
良い選択をするための第一歩なのではないでしょうか。