日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

そのプライド守る必要ありますか?ちっぽけなプライドが邪魔をする

雑記・つぶやき

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

僕も含めて多くの経営者/事業者にとって一番大きな障害は、自分自身のプライドではないかと思います。

客観的にみると、しょーーもないプライド。そのしょーもないちっぽけなプライドを守るために、必死になっていることが多くないだろうか、と考えました。

例えば、

・自分の決断力のなさを、周りの人のせいにしてみたり、、
・言い訳をして簡単に物事を諦めたり、、
・強い言葉を使って、無意味に相手より優位に立とうとしてみたり、、

SNSを眺めていると、プライドを守るのに必死なアカウントをよく見かけます。

経営者/事業者は、それではいけないです。目標や夢を実現する過程には、困難なことがたくさんあります。しかし、その実現が不可能なケースはほとんどないと思っています。

描いた夢の実現に本当に必要なのは、以下のようなことではないでしょうか。

プライドを棄てて
汗をかき、
泥にまみれながら、
必要な資源を集め続け行動する

「必要な資源」とは、時にお金だったり、人、商品やサービス、またはビジネスモデルだったり様々です。

スマートに目標達成したとか、汗水垂らして泥まみれで達成したか、なんてどうでもいいです。どれだけ不格好でも結果をだしていくことが大切だと思うのです。

もっといえば、夢の実現というのは「自分を棄ててまで達成したい」という心の底からの覚悟の先にある、といつも思っています。そこには、ちっぽけなプライドは必要ありません。そのプライドを守りたいがために、自分で目標の難易度を上げてしまいます。

ビジネスをするとは、色々なものをリスクにさらすことです。

・自分の将来
・生活
・家族
・従業員の生活

リスクをさらしてまでビジネスをするということは、それだけ覚悟があったわけです。

だからこそ、しょーもないプライドを捨て、真摯に自分の目指す目標/夢に向かって進んでいくべきだと思います。