日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

モラルが高い成功者とモラルが低い成功者

起業・独立・経営

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

いわゆる「成功者」には2つのタイプがあります。

それは

・モラルが高い成功者
・モラルが低い成功者

です。

長期的に事業などがうまくいっている成功者(経営者)のかたは、基本的にモラルが高いかたが多いです。人との繋がりや信用を大切にすれば、お金は後からついてくると知っているからです。

対して、短期では事業がうまくいっても長期的に見るとうまくいかない経営者のかたは、モラルが低いかたが多い印象です。

お金がないからモラルが低いのではなく、モラルが低いからお金が入ってこない、ということに気づいていないのではないかと思います。

モラルのひとつに「約束を守る」ということがあります。

経営の危機というのは、約束を守らないことが大きな原因のひとつではないでしょうか。

ビジネスにおける「約束」というのは色々あります。

・打ち合わせのアポイント
・納期

という他者との約束もあれば、

・売上/利益目標
・ミッション/ビジョン

といった、自分自身への約束もあります。
(売上などは株主への約束も含まれることもあります)

例えば、お客様へ「本日中に連絡します」と約束したとします。

理由はどうあれ、もしその約束を守らなかったらどうでしょうか。
お客様へ損害を与えます。(あえて大きな表現にしました)

しかしそれだけではありません。
それ以上の損害を自分自身が受けることになるわけです。

信用もなくなり次第に売上も落ちてきます。相手に与えた損害は、それ以上の大きさで自分に返ってくる、これは宇宙の法則と言っていいのかもしれません。

僕自身もいままでの人生、約束を守らなかったり、モラルの低い行動をしたことが何度もあります。そのつど猛省し、考え方の軌道修正を行なっています。

ビジネスはおもしろいもので、
結果が数字でバッチリ表現されます。

結果にはなからず原因があります。その結果を招いた原因のひとつは「モラルの高さ」にあるのではないでしょうか。

モラルを高く行動することが本物の成功者になる必須条件ではないかと思うのです。