ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

目の動きを知ってランディングページのレイアウトを考える

ウェブマーケティング

以前の記事でユーザーの目の動きについて共有しました。

今回は、ランディングページでの目の動きを知ることで、効果的なレイアウトを考えてみます。コンバージョン率を向上するために参考にしていただけたらと思います。

ランディングページを4分割にして考える

ランディングページのレイアウトを考える1

まず、ランディングページを4分割します。
左上をA、右上をB、左下をC、右下をC、とします。

このとき、ユーザーはどのエリアを注目して見るでしょうか。
以前の記事を参考に考えてみてください。

ユーザの目の動きは?

ランディングページのレイアウトを考える2

ユーザーの目の動きは、緑色の矢印のようにAからDに向かって動いていきます。
目線の出発点であるAと、到着点のDを集中的に見ます。

通過点であるBや、通過していないCは、ユーザーの注意を引きにくいエリアと言えます。

重要でないエリアにCTAを配置しない

ランディングページのレイアウトを考える3

上の画像で、赤色で丸がついている部分を見てください。
Bのエリアには、ソーシャルメディアのシェアボタン、
Cのエリアには、CTAが配置されています。

ユーザーの目の動きを考慮すると、ユーザーの注意を引きにくいBやCに、CTAなどの重要な要素を配置するのは得策ではなさそうです。

注目されやすいエリアに重要な要素を配置する

ランディングページのレイアウトを考える4

AとDのエリアに、重要な要素を配置することで、コンバージョン率の向上が期待できます。
重要な要素とは、ページタイトル、サブタイトル、CTAなどです。

ここで勘違いしてはいけないのは、BやCのエリアが全く見られないというわけではありません。

しかし、以前の記事でも書いた通り、ユーザーは秒単位でウェブサイトを判断します。ウェブサイトに訪問してから秒単位で、ページに留まるか、ページから離れるか決めるということです。

その数秒でどれだけユーザーに注目してもらうかが最初の勝負の分かれ道です。
そのためにも、ユーザーが注目しやすいエリアに重要な要素を配置することが大切です。

まとめ

目の動きを知ることで、コンバージョン率向上のヒントを得られることができます。
今回紹介した内容は、あくまで事例ですので、この通りのレイアウトにすればコンバージョン率が上がるというわけではありませんので、ご注意ください。

大切なのは、可能性のある仮説として捉えて、テストを通して検証することです。
仮説の立て方については「LIFTモデル」も参考にしてみてください。