日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

ミュージシャンのためのInstagramマーケティング

僕は若いころミュージシャンだった、という話を以前のポッドキャストでも話たことがあります。

僕が若い頃に比べると、今のインターネットというのはすごい環境だと思います。

最近Instagramをよく使っているんですが、もし僕がいまミュージシャンだったら、こうやってファンを増やしていくなぁというアイデアを紹介します。

フォロワー数にとらわれないこと

Instagramに限らず全てのSNSに言えることですが、フォロワー数はそれほど重要ではありません。

数字として表れるために、その人の人気度や注目度がわかりやすいだけで、フォロワー数にとらわれないことが大切です。

なので、フォロワーを買うなんてバカなことしないでください。
フォロワー数は買うことができます。要するに、偽物のフォロワーをお金で増やすことができます。

フォロワー数をお金で増やしたところで、その中にあなたの本当のファンはいません、虚しくなるだけです。

大切なのはエンゲージメント(愛着心、親近感、信頼感)です。

ファンを増やすための2つの柱

Instagramでファンを増やすための2つの柱を紹介します。

  • 継続的な投稿
  • 価値の提供

この2つの柱を元に日々行動することで、着実にファンを増やしていくことができます。

1. 継続的な投稿

SNSの特性で、古い投稿はどんどん過去に埋もれていってしまいます。

あなたを見つけてもらうためには、継続的な投稿が不可欠です。

1日に4投稿を目安に投稿していきましょう。
一気に4投稿するのではなく、例えば4時間空けて次の投稿、というように間隔を空けて投稿することをオススメします。

ハッシュタグを忘れずに

投稿をしたら、その投稿のコメントにハッシュタグを投稿するようにします。

自分の音楽やバンドに関連するハッシュタグを、10から20投稿しましょう。
自分のファンになりそうな人が興味のあるハッシュタグを見つけましょう。

  • 音楽ジャンル
  • よく行くライブハウス名
  • 好きなアーティスト名

エンゲージメント

自分の投稿をしているだけでは、なかなか自分に興味を持ってもらいにくいです。

そこで、エンゲージメントの活動をします。

自分が投稿しているハッシュタグの1つずつについて、以下の活動をします。

ハッシュタグをクリックします。
そして、そのハッシュタグで投稿している上位9つの投稿にたいして、いいね、コメントをしていきます。

スパム的な投稿は厳禁です。
スパム投稿の例は、「素敵な写真ですね」「また見にきますね」など、適当なコメントです。

そういった適当なコメントではなく、かならずその人の投稿に対してコメントしましょう。
人間的な対応が絶対必要です。

2. 価値の提供

次に2つ目の柱です。

それは、価値の提供です。

音楽を必要としている人にあなたの価値を提供します。

ここでは、ビデオクリエイターさんを例にしてみます。

まず、Instagramでビデオクリエイターを探します。
見つけたら、その人のHPや作品をチェック。
DMを送ります。スパムはだめ。定型文はだめ。すぐバレます。

以下のようなDMです。

私の音楽をバックグラウンドミュージックや挿入曲として無料で提供させてください

ポイントは「無料で」ということ。

投稿にはクレジットとして、自分のInstagramIDを表示してもらうようにしましょう。

そうすることで、その方を通して自分の音楽を広めて行くことができます。

まとめ

なにごとも、近道はありません。

ファンも、簡単に増えるわけではありません。

今回ここで紹介した方法を参考に
長期的な視点をもって、取り組んでみてください。

きっとビックリする結果になるはずです。

インスタグラムを活用して集客する方法
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。「インスタ映え」が流行語になるくらい、インスタグラムが流行っていますよね。インスタグラムは写真や映像に特化したSNSサービスで、全世界で6億人、日本国内でも1,200万人以上の人が利用しています