ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

スマホアプリビジネスに効くディープリンクとは

ウェブマーケティング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

ディープリンク自体は数年前から存在していましたが、モバイル市場が盛り上がる中、今後スマホアプリのビジネスを考えていく上でディープリンクは、より一層重要なものになりつつあります。

今回はディープリンクについて紹介します。

ディープリンクとは?

deeplink1
ディープリンクとは何かというと
スマホアプリの特定のコンテンツへ直接遷移できるリンクです。

ユーザーの端末にリンク先のアプリがインストールしていれば問題ないですが

もし、ディープリンクをクリックしたユーザーの端末にリンク先のアプリがインストールされていない場合は、そのアプリのインストール画面へ遷移します。

インストールした後に、アプリ内のページへ遷移します。

deeplink2

このようにディープリンクは、
ウェブとアプリ、アプリとアプリをスムーズに繋げるリンクになります。

deeplink3

こういったボタンなどを見たことはあるでしょうか。

FacebookAppLinks

Twitterカード
の画面イメージです

ディープリンクは、FacebookやTwitterアプリですでに導入されています。

ディープリンクのメリット

利用ユーザーの視点

deeplink4

利用者(ユーザー)側の利点としては、ユーザー体験の向上が挙げられます。
ユーザー体験はUXと言われます。

目当てのページにたどり着くまでにいくつもの画面をたどるんではなくて、少ないステップで目当てのページへたどり着くことができます。

アプリ提供側の視点

アプリ提供側やアプリ開発者の利点としては

Facebookのアプリが良い例ですが、Facebookはメインのアプリと、メッセージアプリを分離しました。

このように、ひとつひとつのアプリをコンパクトにすることで、必要以上に重いアプリを運用することがなくなります。

またマーケティングの観点も大きな利点があります。

最近は、広告を非表示にしてくれるアプリ「広告ブロッカー」を利用しているユーザーが全体の41%に登っているという調査結果もあります。

このせいで、せっかくリリースしたアプリの広告がユーザーに届きにくい状況になっています。

ディープリンクを活用することで、ユーザーにアプリを訴求することができます。
ディープリンクは、マーケティングの強い味方にもなります。

ディープリンク設定のおすすめサービス

deeplink5

ディープリンクを導入するには、アプリにディープリンクを仕込む必要があります。

設定方法はこの記事では省きますがおすすめのサービスを紹介します。

海外サイトですが「branch」というサービスです。
今のところ無料で利用できますのでディープリンクを考えている方はぜひ参考にしてみてください。