ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

コンバージョンを邪魔する4つの壁

ウェブマーケティング

商品購入やメルマガ登録などコンバージョンの種類は様々ですが
ユーザーに行動を起こしてもらうことは簡単ではありません。

コンバージョンを邪魔する要素を「4つの壁」としてまとめました。
コンバージョン率が上がらないとお悩みの場合は、ぜひチェックしてみてください。

複雑さの壁

「複雑さ」はコンバージョンの最大の敵と言ってもいいくらいです。
ユーザーは、混乱や迷いが多少でもあると、離脱しやすくなる傾向があります。
コンテンツだけでなくデザインについても、「シンプルにわかりやすく」を心がけることが大切です。

  • 情報を詰め込み過ぎていないか
  • コンバージョンに無関係な内容が含まれていないか
  • 入力フォームに不必要な項目はないか
  • ユーザーが混乱するような内容が含まれていないか
  • コンバージョンへの操作は明確になっているか

情報の壁

コンバージョンの種類は様々です。商品の購入であったり、メルマガの登録であったりします。
どんなコンバージョンであれ、ユーザーには行動を起こすための理由が必要です。
必要な情報がページ内でわかりやすく説明されているかが大切です。

  • ユーザーが行動を起こすために必要な情報は十分か
  • ユーザーが知りたい情報は含まれているか
  • ページを見た際にユーザーが持ちそうな疑問は払拭されているか
  • 情報は整理されているか
  • 過度な専門用語は使っていないか

時間の壁

ユーザーが、そのサイトに留まるかを判断するのにかかる時間はたったの3秒です。
また、留まった後7秒以内で、有意義な情報があるかどうかを判断すると言われています。
「時は金なり」という言葉がありますが、コンバージョン率をアップさせる上でも、時間についてシビアに考える必要があります。

  • コンテンツは長すぎないか
  • ページの表示速度は、ストレスを感じないか
  • 入力フォームに不必要な項目はないか(項目が多いほど入力の時間がかかる)
  • コンバージョン到達までに省略できるページ遷移はないか(遷移は最小限に抑える)

見た目の壁

デザインの面でも考慮が必要です。
インターネットで「デザイン コンバージョン」と検索すると、コンバージョン率が改善したデザインの事例がたくさん出てきます。
UIやUXは突き詰めていくと、行動心理学などの要素も関わってくる奥の深いものです。
たくさんある事例を参考に、ユーザーの行動を後押しするデザインを模索していくことが大切です。

  • 見づらくないか
  • 文字間隔やレイアウトなど見やすさに配慮しているか
  • ユーザーの行動を阻害する邪魔な要素はないか
  • タイトルは適切な長さか。適切なフォントサイズか
  • CTAボタンの色は適切か
  • (販売の場合)価格は明確に提示しているか
  • ページの背景色は、文字を読む際の邪魔になっていないか

まとめ

コンバージョンを邪魔する4つの壁を紹介しました。
これらの壁を突破するには共通するポイントがあります。
それは、「ユーザーの心理を理解する」ということです。

・ユーザーはどういう心境でページに訪れるのか
・どういうニーズを持っているのか
・行動することに対してどういった不安を持っているのか
・行動を後押しするポイントは何か

など、ユーザーを理解することがコンバージョン率をアップさせる大きなヒントになります。