日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

「成功するまでやめなければ失敗ではない」を全うするために

雑記・つぶやき

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

成功するまでやめなければ失敗はない

これは京セラの創業者である稲盛和夫さんの言葉です。

その通りですよね。
僕自身も、目指す未来に向け諦めずに継続をしています。

ただひとつ気をつけていることがあります。

それは「論理的に泥臭く」という視点です。

「成功するまでやめなければ失敗はない」

この言葉を字面だけで受け取ってしまうと、
単なる自己啓発的なイメージになってしまいます。

そうではなく、論理的な視点泥臭い行動も必要不可欠な要素だと思うんです。

・成功するまで続けていられるようなコスト構造を作ること
・テストと改善を地道に積み上げていくこと

こうした視点を忘れずに継続するからこそ
成功に近づいていくことができるのではないでしょうか。

事業が跳ねるタイミングなんていつ来るかわかりません。

だからその時が来るまで継続すること。
論理的に泥臭く継続することが大切だと考えています。

行動指針は「とことん論理的にとことん泥臭く」
「とことん論理的にとことん泥臭く」、これが私の行動指針のひとつです。 インターネットの発達で情報のスピードが早くなり、技術の進歩で効率的にものごとを行えるようになりました。しかし、そんな中だからこそ「もっと簡単に、もっと楽に」を求める...