日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

変わらなければ止まるどころか衰退する。僕たち大人は子供の行動力を見習わなければいけない

雑記・つぶやき

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

「成長したい」
「いまよりもっと良くなりたい」

と思っている人は多いはず。僕ももちろん思っています。しかし、思っているだけでは変わらないのは当たり前の話。

「思考は現実化する」
有名な言葉ですが、額面だけで受け取ると勘違いします。

思っているだけでは変わりません。行動が必要です。思考して行動することで変わることができるということを忘れてはいけません。

しかし、僕たち人間は「変わりたい」と強く思っていても、どこかで「変わりたくない」と本能的に感じてしまう生き物です。「リスクを回避する」という動物的な本能があるせいかもしれません。

この本能は大人になるほど、強くなるのではないでしょうか。色々な経験をし、守るものが増えると、リスクを回避したいと思うのは当然です。

しかし、現状に甘んじていると、成長は止まるどころか衰退していきます。

子供が日々成長できているのは新しいことにチャレンジしているからです。

それができるかできないかは関係なく、いままでやったことのない事をやっているから子供はものすごい勢いで成長します。僕たち大人は、子供を見習わなければいけないです。

未来を変えるために小さなことでも現状を変えることが必要です。

・悪い習慣をやめる
・良い習慣を始める
・引っ越す
・会う人を変える
・付き合う人を変える

ひとことで言うと「環境を変える」ということになるのではないでしょうか。

人は環境に影響されます。

自分があるべき姿に近い人が集まる環境を探し、そこに身を置くことで環境に自分がひっぱられて、いつのまにかあるべき姿に近づいていきます。

些細で小さな行動が後に来る未来へ繋がっているんではないかと、感じています。