ロシアが2018年7月までに暗号通貨市場を合法化する準備を進めている

雑記・つぶやき

ロシアが暗号通貨市場を合法化する準備をしている

3月1日に公開されたロシアの議会の公式報告書によると、プーチン大統領は7月1日に、関連する暗号侵害法案が採択される期限を設定したとのことです。

ロシア財務省は、中央銀行がクラウドファンディングに関する別法案を準備している間、ICO(イニシャルコインオファリング)の発行に関する法的ガイドラインに注目しています。

金融市場委員会のアナトリー・アクサコフ会長は、次のように言っています。

中央銀行は、この種のデジタル通貨の合法化に反対しています。なぜなら、国民はリスクを考慮せずに、暗号通貨に積極的に投資することができるからだ

Putin's Orders: Russia Prepares to Legalize Cryptocurrency Markets
Russian authorities are planning to pass new legislation that would effectively legalize cryptocurrency markets by summer 2018.

ひとことコメント

仮想通貨やブロックチェーンの活用が世界中で活発になっている今、ロシアも法整備に乗り出したということでしょう。

僕がタイに住んでいるときに知り合ったロシアの友人の言葉を思い出しました。

ロシアには自由がないからここ(タイ)にきてるんだよ

僕自身はロシアに行ったことがないので肌感覚としてはわかりませんが、その友達の言うことが本当なら今回のこのロシア政府の法整備も、かなり厳しい(政府側が有利となる)法律になるんじゃないでしょうか。

ICO詐欺に注意して!Giza詐欺に見るICO市場の無法地帯化
いま多くの投資家が、ICO詐欺の犠牲になっています。アメリカCNBCの記事によると、詐欺師グループは、偽ICOで投資家からお金を巻き上げたあと、約200万ドルを持って姿を消したと言われています。Giza(←リンク先はウェブアーカイブ...
ブロックチェーン技術を使った海外サービス紹介記事まとめ【随時更新中】
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。ブロックチェーン技術やそれを活用したICOのプロジェクトは、エッジの効いたアイデアや革新的なプロジェクトの宝庫です。このブログでは海外スタートアップを中心にブロックチェーン系のサービスや...