ICOってなに?儲かるの?詐欺ICOには十分ご注意を

ICO

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

仮想通貨やブロックチェーンの勉強していると、ICOってよく聞きますよね。
今回は、ICOについてまとめてみます。

ICOとは?

Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の頭文字をとって「ICO」と呼ばれています。

ICOとは、新規仮想通貨公開を意味します。
噛み砕いて言うと
仮想通貨でプロジェクトの資金調達をする仕組み」です。

資金調達をしたい企業やプロジェクトが、独自の仮想通貨を発行し、資金を調達する方法がICOというわけです。

投資家に「トークン」と呼ばれる仮想通貨を買ってもらい資金を集めます。

ICOは、別名「プリセール」「クルドセール」「トークンセール」というふうに呼ばれることもあります。
株式公開1以外の資金調達手段として注目されています。

ICOって儲かるの?

株式投資や外貨取引(FX)に興味のあるかたは
ICOは儲かるのか」ということが気になるでしょう。

この問いに対する僕なりの答えはこうです。

株式公開とは違い、良い意味でも悪い意味でも自由な市場です。

自由ということはそれだけ詐欺が多いということ。

しかし、有望なICOを見極められれば大きなリターンを得ることができます。

ICO投資は、ハイリスクハイリターンの投資です。投資家がスタートアップや新興企業へ投資する場合、配当ではなく、成長性に期待して出資が行われます。

特に創業期に近ければ近いほど、ハイリスクではありますが、その後のリターンを見込むことができるわけです。

また投資家は小額からのICO投資(資金提供)ができ、購入したトークンをインターネット上でいつでも転売することもできます。こういった投資家側のメリットも、ICO投資が注目されている理由のひとつです。

ここでICOを発行する側(企業や個人)のメリットも見ておきます。

ICOを発行するメリット

  • 集めた資金は配当金を支払う必要がない
  • 集めた資金に株式を発行する必要がない
  • 利子を支払う必要がない
  • 投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
  • インターネットを利用して世界のマーケットで資金調達ができる
  • 個人でもICOを発行できる
  • 支払いは仮想通貨でおこなう

ICOは詐欺の温床。十分注意しましょう

ICOは、仮想通貨版IPOと言えます。

しかし、株式みたいなものといっても、安全という訳ではありません。

ルールもほとんどなく、自由すぎる市場です。
悪く言うと「無法地帯」です。

なのでそれだけ詐欺の温床になっているのも事実です。

ICOの詐欺については以前以下の記事で紹介しました。

ICO詐欺に注意して!Giza詐欺に見るICO市場の無法地帯化
いま多くの投資家が、ICO詐欺の犠牲になっています。アメリカCNBCの記事によると、詐欺師グループは、偽ICOで投資家からお金を巻き上げたあと、約200万ドルを持って姿を消したと言われています。Giza(←リンク先はウェブアーカイブ...

まとめ

いまICO投資が流行ってますが、注意が必要です。

ICOへ投資をする際には、
・信頼できるICOプロジェクトなのか
・信頼できる発行元なのか
・有望なICOプロジェクトなのか
など、十分吟味の上自己責任でおこなう必要があります。

詐欺ICOが蔓延していますので、十分ご注意ください。

投資は愛情表現のひとつ。愛情を持てないものには投資をするな!仮想通貨投資に見る投資とギャンブルを混同する過ち
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。最近「投資」について考えていました。投資とひとことで言ってもいろいろとありますよね。・株式投資・FX(外貨投資)・仮想通貨投資SNSなんかを眺めていると、投資で生計を立ててる人...

  1. 株式を公開・販売して資金調達。IPO