日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

2019年に絶対見逃したくない3つのマーケティングトレンド

ウェブマーケティング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

僕はマーケターではありません。
が、マーケティングのトレンドなどにもアンテナを張っています。

マーケターでない僕がこんな記事を書くのは少々気が引けますが、今回は2019年見逃すべきでないマーケティングのトレンドを3つ紹介します。

1. チャットボット

トレンドひとつめ、チャットボットです。

チャットボットは、広い意味での「カスタマーサービス担当者」として活用されています。

チャットを通してお客様や従業員のサポートをしてくれます。特にEコマースでは、お客様の質問に対する応対だけでなく、商品の提案もしてくれます。

お客様はチャットボットによって、企業との接触を即座にでき、パーソナライズされた対応をしてくれます。問い合わせの文章を書いたり電話で待たされたりと、従来の煩わしいステップが削減されるため、お客様にとって嬉しいソリューションです。それだけでなく、企業側ではカスタマーサービスチームの運用コストも大幅に削減してくれます。

また、AI(人工知能)技術を併用することで、チャットボットの機能を強化してくれます。今後もチャットボットの導入事例が増えていくでしょう。

チャットボットを活用したECサイトの成功事例【Nike】
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。チャットボットは小売業の形を変えつつあります。ECサイト(ネットショッピング)、顧客サポート、製品レコメンドなどの場面でチャットボットの活用が広がってきています。中でもECサイトでのチャ...

上記先日の記事でチャットボットの成功事例を挙げましたが、各社でチャットボットの活用の増加は2019年にも続くはずです。

チャットボットを使用することで、顧客サービスを通して積極的に顧客に接触し、顧客にパーソナライズされた顧客体験を提供することができます。

チャットボットは、これまでのEメールマーケティング手段を補完するツールです。たとえば、Facebook Messengerにチャットボットを使うことで、Eメールだけでは限界のあったお客様との接点を増やすことができます。

時代はメッセージマーケティング!マーケティング担当者のためのチャットボット設計ガイド
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。大手企業が続々とチャットボットの導入を進めています。例えば、ピザハット(アメリカ国内)ではFacebookのメッセンジャーやTwitterを使ってピザを注文することができます。しかし...

2. ビデオ

トレンド2つめは、みんな大好き「ビデオ」です。Youtube大好きですよね。もしかしたら「いまさらかよ」とうんざりしているかもしれません。

過去数年間、ビデオはマーケティングの世界的なトレンドでした。

これはアメリカの例ですが、アメリカ人の73%がYouTubeの動画を見ているそうです。それだけでなく、Facebook広告でさえも動画が好まれる傾向があります。

このように、僕たちは既にビデオが不可欠であることを知っています。

しかし、マーケティングを考えたうえで大切なポイントがあります。
それはビデオを見るデバイスへの配慮です。

人々は、YouTubeやFacebook、Instagramで何時間ものビデオを見ています。使っているデバイスは様々です。デスクトップやテレビ、タブレット、スマートフォンで観るわけです。

デバイスによってビデオの見え方は違います。

・デスクトップやテレビは、横長。
・タブレットやスマホは、縦長。

問題はタグレットやスマホで観るときです。

僕たちは自分のデバイスを回すのを嫌います

各デバイスの視聴シーンに考慮することが大切です。

ビデオを使用することで、自社のブランドの個性を伝えやすく、また多くの情報を伝えることができます。2019年も相変わらずビデオは重要なマーケティングツールのひとつです。

3. 音声

トレンド3つめは、音声です。

AlexaとSiriを筆頭に、音声検索と音声マーケティングの活用が広がっています。

アメリカで有名なSEO情報サイト「Search Engine Land」によると、アメリカ国内で音声ベースのEコマースの売上高は2017年に18億ドルに達していて、2022年までに400億ドルまで成長すると予測されています。

いま消費者の傾向は「利便性の向上」です。

僕自身、最近音声入力を積極的に活用しはじめましたが、多少の不正確なところは残るものの、利便性は抜群に良いです。

また、僕の妻はAndroid端末を利用していますが、何か調べたい時は音声で検索しています。義母(妻のお母さん)も音声入力を積極的に活用しています。

こういったように、年代問わず音声の活用が広がってきています

マーケティングの施策として「音声」は侮ることはできません。

競争激化!スマートスピーカーが今後の生活の中心となる。Appleはどう戦うか
ハイテク産業にとって最も重要な市場のひとつは、スマートホームです。 接続され制御された室温計、テレビ、ライト、家電、セキュリティカメラ、ドアロックなどは、世界中で消費者の関心を集めています。 いまの時代は、家やオフィスをいかにス...

まとめ

今回トレンドを3つ紹介しましたが、正直なところ真新しいことではありません。期待ハズレでがっかりした人もいるかもしれません。

しかし、今回紹介した3つはマーケティング施策として検討しておくべき重要なトレンドです。どれも少しずつですが着実に広がってきているので、競合他社に遅れをとるまえに、導入を検討してみるのも良いかもしれません。