モバイルの時代、でもまだまだPCも重要

モバイルの時代、でもまだまだPCも重要

2010年にiPadが登場したときには、PCについて以下のようなことが言われていました。

「PCは必要なくなる」
「消費者はPCを必要としなくなる」
「スマートフォンやタブレットが唯一のデバイスになる」
「タブレットがPCを殺す」

モバイル端末の登場で、PCが必要なくなる、という論調です。
しかし、7年経った2017年の現在も、PCは活躍しています。

モバイルの時代なのは明らか

スマートフォンは数十億人の人々のための中心的かつ主要なコンピューティングデバイスであることははっきりしています。

これを知っていることは、どのようなビジネスでも、ソフトウェアとサービスでモバイル先進戦略を採用する必要があることを意味します。モバイル・ファーストとは、単にスマートフォンを製品との主要な関与点とみなすことを意味します。

もちろん、これはアプリケーションの種類によって異なります。

たとえば、Netflixのようなものは、主にPC、テレビ、タブレットなどの大画面デバイスで消費されます。Microsoft Officeや他のエンタープライズアプリケーションや商用アプリケーションは、主にPCやMacで使用されます。

これらのすべてのケースでは、アプリケーションやワークフローが優れていますが、無料のモバイル体験はまだあります。私たちのほとんどがPCとスマートフォンの両方を使ってさまざまなことを行うマルチデバイスの世界に住んでいます。

しかし、スマートフォンは常に私たちの側にあるコンピュータなので、PC初心者のアプリケーションであっても、スマートフォンでのサービス提供が必要不可欠です。

でも僕らにはやっぱりPCが必要なんだ!

しかし、消費者向けのソフトウェアやサービスに関しては、戦略は逆転してしまいます。モバイル・ファースト、つまりモバイル・オンリーは、ここ数年間、開発者とコンシューマー・ソフトウェア・ストラテジストの念頭に置かれてきました。しかし、これらのモバイル専用のアプリやソリューションの多くでも、PCでのサービス提供の恩恵を受けることができます。

以下のグラフを見ると、PCがほぼすべての人口統計で日常的に頻繁に使用されていることを示しています。

モバイルの時代、まだまだPCも重要

モバイルの時代、まだまだPCも重要

ご覧のように、1日あたりのPC利用時間は依然として重要です。

ある試算によれば、スマートフォンを所有している約3億人の人々と比較して、13億人の人々が個人のPCを所有しているそうです。そして、PCを毎日13億人の人々が使っている世界的な平均時間は1日あたり3.54時間になります。

数年前に明らかになったのは、スマートフォンが必ずしもPCからの使用時間を奪っているわけではなく、デバイスを使用している時間とその所有者が毎日インターネットにいる時間の合計に加算されているということです。

長年のデータを振り返ってみると、PCを使用した日常的な時間はほぼ一定のままで、スマートフォンを使用した日常の時間は劇的に増加しています。

人々は、両方のデバイスを独立して使いながら、よりネットサーフィンをしたり、より人とコミュニケーションをとったり、よりゲームを楽しんだり、よりビデオを見たり、よりソーシャルメディアで楽しんだり、買い物をしたりすることが多くなっています。

PCでも多くの時間を費やしています。大きな間違いは、ミレニアル世代に到達する唯一の方法は、モバイルアプリを使用することだと誤って考えてしまうことです。

ミレニアム世代にアプローチするための主要な手段は、モバイルアプリではありますが、PCでのサービス提供をしないことは大きな間違です。

まとめ

モバイル・ファーストは正しい戦略です。

モバイルでの活動がメインとする顧客をビジネスのターゲットとする場合は、モバイルはPCより優先するべきです。

しかし、あなたの顧客がPCの前で一日に多くの時間を費やしていることを忘れてはいけません。場合によっては、何かしらの無料のPCサービスを提供する方法について考えてみるのも良い戦略になります。

ポッドキャスト配信中

SE社長アライの「海外スタートアップ研究室」
今、何よりも必要なのは「多様化するマーケットを読み解く力」です。
海外スタートアップの研究や、そこから学んだビジネスのヒントを共有しています。

お問合せはこちら

サービスに関する質問や記事に関するお問合せなど、お気軽にご連絡ください。お問合せをいただいてから原則24時間以内に返信させていただきます。