ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

自分の未来を予測するもっとも確実な方法

起業・独立・経営

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

人の未来を予測することは難しいです。

人の未来というのは、例えば知り合いの経営者さんがこの先、どうなっていくのだろうか、というような予測です。

まだ起こっていない未来を予測することはとても難しいですが、未来を紐解くカギは、その人の人間関係にあるのではないかと思うのです。

人間関係が、幸せで円満な人は、将来も安定します。一方、人間関係が、荒れている人は、将来も荒れるはずです。

なので、その人がこれからどんな未来を迎えるか、どんな人生を歩むのかを予測しようとした場合は、その人の人間関係を見ればわかるはずです。

人間関係にその人の本質が在る」のです。

誰との人間関係を見るのが一番わかるかというと、配偶者や家族、両親との関係です。

ただ、あまり親しくない人だと、その人の家庭のことを知るのは難しいですよね。その場合は、従業員との関係を見るわけです。(その人が経営者の場合)

「経営者が従業員をどのように思っているか」ということが大切ではないでしょうか。経営に行き詰まっている会社は、従業員を「ただの部品」「やっかいな存在」としてみているケースが多いようです。

「従業員のことをどう思っているか」
その答えの中に、経営者としての未来があるはずです。

また、大切にするものには優先順位があるそうです。
優先度の高い順に上から並べます。

1. 自分
2. 配偶者
3. 家族(両親含む)
4. 従業員
5. お客様
6. 社会

この順番を逆行したり、間をすっとばしたりすると明るい未来はないそうです。

間をすっとばすのは特に男性に多いです。
「俺は日本をよくするんだ!」と言っていても
夫婦関係や家庭がボロボロ。

これでは、説得力もありませんし仲間も集まりません。
もちろん実現も難しいでしょう。

また、上記「従業員」より優先度の高くに位置している「両親」ですが、両親への感謝がないと業績も悪くなる傾向があります。
一見ビジネスとは関係なさそうですが、大切なんですね。

両親に対する感謝というのは、両親のためだけではなく、自分自身のため自分の未来のためにもあるということです。

「自分の未来を予測する確実な方法」
それは、いまの自分の人間関係を見ることです。