日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

本を売るには売りたい部数目標の100倍をターゲットにする。目標をありえないくらい高く設定する

起業・独立・経営

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

本来の目標を100倍にする

本を売ろうとすると、売りたい部数目標の100倍をターゲットにするんだそうです。

例えば、5万部売りたい場合は、その100倍の500万人をターゲットにするということですね。

目標を100倍にすることで、それを達成するための対策も自然と変わります。

「5万部売るんだ!」
と考えたときの対策と
「500万部売るんだ!!」
と考えたときの対策が違うのは当たり前です。

・どういったジャンルが良いのか
・どういったタイトルが良いのか
・初心者向けか、中上級者向けか
・販路は?電子書籍版は必要か
・キャンペーンの有無

いまは出版不況で本が買われないという時代です。そんななか、100倍の目標を目指すことでやっと本来の目標が達成できる、ということなんでしょう。

目標を100倍してその達成を目指す。これは出版の世界だけでなく、ビジネスなどの他の分野でも参考になるんではないでしょうか。

目標はありえないくらい高いほうが面白い

「目標は大きく」と言われますが、まずは具体的に100倍にしてみると面白いです。試しに、僕自身の目標を100倍にしてみたのですが、自分でも笑ってしまうくらいの目標になりました(笑)

しかし、何かを達成する人は最初はみんなから笑われたりバカにされた、という経験があるそうです。

ソフトバンクの孫正義さんも、まだ社員が数名の小さな会社だった時に
「これから1丁2丁と豆腐を数えるように、1兆2兆と会社を成長させる」
と社員の前で断言したそうです。

その話を聞いて何人かは会社を辞めていったそうですが、いまではソフトバンクは日本を代表する大企業になっています。

小さく生きても、大きく生きても、同じ一生です。どうせなら目標を大きく、それに向かって進んでいったほうが面白い人生になるはずです。

まとめ

目標を高く設定すると、その目標達成へ向けて現実が動きだします。僕自身、目標をいままでの100倍に設定したことで、いままで考えていた戦略や戦術、ビジネスの考え方も変わってきました。

「目標を100倍に設定してみる」試しにやってみてはいかがでしょうか。

ミッションはブレてもいい。たったひとつの条件を守っていれば
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。ミッションを持っていますか?弊社のミッションは「日本中の中小企業を元気にする」です。小さな弊社が持つには大きすぎるくらいのミッションですが、誰もが楽しく幸せに働ける社会を実現した...