「AI 定評のあるシステム開発会社9選」に取り上げていただきました
大切なのは適切なIT活用

ムダのない適切なIT活用で
御社ビジネスの競争力強化をお手伝いします

ロカラボについて

メッセージアプリが普及した今こそ取り組むべき「対話型マーケティング」とは?

ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

誰もがメッセージアプリを利用しています。

今度、電車に乗ったときに周りの人を見回してみてください。
ほとんどの人がスマホを見ているはずです。

そしてスマホでやっていることは以下の3つに絞られます。

・SNS(Twitter, Instagram, Facebook)
・メッセージアプリ(LINE, Facebook Messenger, SMS)
・ゲーム

今回は、この中のメッセージアプリを使ったマーケティング「対話型マーケティング」について考えてみたいと思います。

コミュニケーションが変化している

人々のコミュニケーションの方法が大きく変化しています。

10年前のコミュニケーション方法を思い出してみてください。10年前、ほとんどの人はメールや電話を使っていました。それが今、SMSやメッセージアプリに取って代わっています。

僕たちは、便利で簡単なコミュニケーション方法を好みます。

また、ほとんどの人はスマートフォンを肌身離さず利用しているので、スマートフォンを通したコミュニケーションが手軽で便利な方法です。

メッセージアプリは、コミュニケーションツールのメインストリームに躍り出ています。
これは、ビジネスでも利用しない手はないです。実際にメッセージアプリを活用している企業が増えてきています。

対話型マーケティングとは?なぜ重要なのか?

対話型マーケティングは、平ったく言ってしまうと「メッセージアプリを利用したマーケティング施策」のことです。

新しいことは「メッセージアプリを利用する」という手段が変わっただけ。

「それだけかい!」というツッコミが入りそうですが、それだけの変化でも得られる結果は大きく変わります。

 
概念としては、メールマーケティングの仕組みと似ています。

しかし実際には、対話型マーケティングはメールマーケティングとは大きく異なります。

対話型マーケティングは、1対1のコミュニケーションを実現することができます。
また、反応率が低下し続けているメールマーケティングとは異なり、対話型マーケティングの反応率は増加しています。

メッセージアプリが急速に成長している今、対話型マーケティングが主流になる

メッセージアプリの歴史を振り返ると、2015年初頭に月間アクティブユーザー数がSNSを超えたそうです。

Messenger marketing ultimate guide 03

世界で一番頻繁に利用されているアプリはメッセージアプリです。SNSでもゲームでもありません。メッセージアプリです。

主要メッセージアプリ

・Facebook Messenger
・WhatsApp
・LINE
・WeChat
・Viber

Facebook Messengerは北米では最も一般的に利用されているアプリです。
WhatsApp(Facebook傘下)はヨーロッパ諸国で人気のアプリとなっています。
中国では、WeChatです。

そして日本を含むアジア諸国はLINEが人気です。僕が住んでいたタイでもLINEがよく使われています。

 
メッセージアプリは急速に普及しているいま、対話型マーケティングをいち早く取り入れようとする企業が増えています。

「ダイレクトメールを送っても反応がない」とお悩みの方は、ぜひ「対話型マーケティング」を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社でもLINE@のAIチャットボット導入サービスを提供しています。無料でお試しもできるので興味があればチェックしてみてください。

アウトバウンドやインバウンドはもう古い?これからは対話型マーケティングが主流になる
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。マーケティングは新しい時代に入っています。時代の移り変わりとともに、マーケティング手法も変化してきています。・アウトバウンドマーケティング・インバウンドマーケティング...