日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

マーケティング設計図の作り方

マーケティング設計図の作り方 ウェブマーケティング
マーケティング設計図の作り方

マーケティングの3つの要素

マーケティングの仕組みは、基本的にダイレクトマーケティングを土台に構築します。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは
「お客さんとの関係を構築するためのマーケティングの仕組み」です。

お客さんと信頼関係を築きながらビジネスを構築するための仕組みになります。

マーケティングの3つの要素について押さえておきましょう。
それは

  • マーケット
  • メッセージ
  • メディア

の3つです。

この3つの要素を土台にマーケティングを組み立てることで、ビジネスを成功に導くことができます。
次に、1つずつ見ていきましょう。

マーケット

マーケットとは何でしょうか?
マーケットとは、一般的に市場という意味ですが、もっと具体的に言うと「ターゲット」または「誰か」ということです。

あなたのビジネスのお客さんは「誰」なのか?

この「誰か」を明確にしないでビジネスを進めてはいけません。
これは、目的地を決めないで、旅行するようなものです。
旅行は行き当たりばったりのものになってしまいます。趣味であれば、目的地を決めない旅も楽しいですが、ビジネスでは良くありません。全てが運頼みのようになってしまい、それは、ギャンブルと一緒です。

ターゲットの設定はとてつもなく重要です。
いったん、あなたのビジネスのターゲットが「誰」かが決まれば、
その相手だけに響くメッセージ、そして利用するメディアは、自然に見つかってきます。

八方美人は、好かれもしないし、嫌われもしません。つまり、誰からも相手をされません。
もし、あなたが「相手は誰でもいい」と漠然と考えているのなら、その考えは危険です。

まずは、自分のターゲットとしたい人、ターゲットとなりそうな人を、具体的に設定しましょう。

メッセージ

あなたが獲得したい人物像が決まれば、あなたはそれに適したエサを選んだり、作ったりできるようになります。
ダイレクトレスポンスマーケティングにおいてのエサとは、2つのものを意味します。

それは、

  • メッセージ
  • オファーするモノ

です。

オファーするモノとは、景品の場合もあれば、情報や無料のサービス、なんらかの保証の場合もあります。

世の中にある多くのビジネスは、広告やマーケティングを行ってもなかなかうまくいきません。
その理由は、集めたいターゲットに対して、

  • エサを置かない
  • 魅力がないエサを置く
  • 間違ったエサを置く
  • エサを置く場所が違う

などの理由があるからです。

ほとんどのビジネスで行われるマーケティングは、誰にでも合うようにしてしまいます。
これは、先ほどの「相手は誰でもいい」と同じです。結果的に誰にも相手にされません。

マーケティングで必要なのは、「私だけの特別」感なのです。
相手にとって魅力的なのは「私だけに送られるメッセージ」です。

メッセージを作るときは常に、それはターゲットにマッチしているか?について、しっかり考えることが大切です。

メディア

メディアとは、あなたのメッセージをターゲットに届ける手段です。

使えるメディアはたくさんあります。
テレビやラジオ、新聞の折り込みチラシ、などのオフラインのメディアから、
もしオンラインであれば、Eメール、ホームページ、フェイスブックやLINEなどのSNS、YouTubeなどの動画サイト、などなど
メディアと一言で言ってもたくさんあります。

大切なのは
「メッセージを届けたい相手はどのメディアを利用しているか」
について考える必要があります。

まずは、1つのメディアだけではなく、できるだけ多くのメディアを使ったほうが良いです。
ほとんどの人は、2つか3つ程度のメディアだけを利用しています。
最終的に効果のあったメディアを3つくらいに絞るのは良いですが、最初はできるだけたくさんのメディアを試してみましょう。

常に、「ターゲットが注意を払っているメディア」について意識することが、適切なメディアを見つける近道です。

マーケティングはターゲットの設定から始まる
マーケティングを成功させるには、まずターゲットとする顧客の設定がものすごく重要です。 もし、既にあなたに顧客がいる場合は この記事を読み進める前に、以下について整理しておきましょう。 「どうやってその顧客を集めましたか?」...
モバイル市場を見過ごすな
ネットマーケティングを行う上で、モバイル市場は見過ごせません。 ウェブサイトを作っただけでは、モバイル市場にいるお客さんを逃している可能性があります。 モバイル利用の現実 まずは、モバイル利用の現実を見てみましょう。 モバイ...