共著書籍「データ分析の進め方 及び AI・機械学習の導入の指南」が出版されました

iOSとAndroidアプリのリテンションレートの違い【カテゴリ別】

ウェブマーケティング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

前回の記事「マーケティングの指標:リテンションレートとは?」で
リテンションレートについて紹介しました。

アプリビジネスをする場合にも、リテンションレートは大切な指標になります。
この記事では、iOSとAndroidのアプリのリテンションレートについて面白いデータを見つけたので紹介します。

iOSとAndroidアプリそれぞれについて、カテゴリ別でリテンションレートを表したグラフです。

Androidアプリ カテゴリ別リテンションレート
AndroidAppRetentionRate

iOSアプリ カテゴリ別リテンションレート
iOSAppRetentionRate

インストールした日から数えて
1日後、7日後、30日後、それぞれのリテンションレートを表しています。

面白いのが、iOSとAndroidでリテンションレートの多いカテゴリが微妙に違うこと。

Androidアプリは上位から順に

1. Music & Audio
2. Productivity
3. Social

となっているのに対し

iOSアプリは

1. Social
2. Games
3. Music & Audio

となっています。

 
上位カテゴリを見るだけでも、AndroidとiOSの利用ユーザの嗜好の違いが見えてきます。

ビジネスとしてスマホアプリをリリースする際、ユーザーにどれだけアプリを利用してもらうかが重要なキモです。

そうした意味でもこのグラグで表されたカテゴリー別のリテンションレートの傾向は、かなり参考になるのではないでしょうか。

【ロカラボからのお知らせ】
自社事業にAIを活用しようとする前にこれだけは押さえておいてください。

【無料ダウンロード】成功するAIプロジェクトに共通する3つの最重要ポイント

事業でAIを活用する企業様が多くなってきました。
弊社でも主に製造業・医療業を中心にAIシステムの開発や導入支援をおこなってきました。

その中で見えてきた、成功するAIプロジェクトに共通する最重要ポイントをまとめたPDFファイルを無料で配布しています。

AI導入プロジェクトをスタートする際には是非ご参考にいただけたらと思います。
こちらのページからダウンロードしてください。

Profile
荒井豊

メイドインジャパンを盛り上げる!日本のモノづくりを全力で応援しています。IT内製化コンサルタント/PM/ITセミナー講師。理詰めで考えて泥臭く行動するのが性に合ってるみたいです。嫁と娘を溺愛。将棋観戦が好き AI / IoT / DX

ロカラボをフォローする
ウェブマーケティングスマートフォンアプリビジネス
ロカラボをフォローする
株式会社ロカラボ