日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

iOSとAndroidアプリのリテンションレートの違い【カテゴリ別】

ウェブマーケティング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

前回の記事「マーケティングの指標:リテンションレートとは?」で
リテンションレートについて紹介しました。

アプリビジネスをする場合にも、リテンションレートは大切な指標になります。
この記事では、iOSとAndroidのアプリのリテンションレートについて面白いデータを見つけたので紹介します。

iOSとAndroidアプリそれぞれについて、カテゴリ別でリテンションレートを表したグラフです。

Androidアプリ カテゴリ別リテンションレート
AndroidAppRetentionRate

iOSアプリ カテゴリ別リテンションレート
iOSAppRetentionRate

インストールした日から数えて
1日後、7日後、30日後、それぞれのリテンションレートを表しています。

面白いのが、iOSとAndroidでリテンションレートの多いカテゴリが微妙に違うこと。

Androidアプリは上位から順に

1. Music & Audio
2. Productivity
3. Social

となっているのに対し

iOSアプリは

1. Social
2. Games
3. Music & Audio

となっています。

 
上位カテゴリを見るだけでも、AndroidとiOSの利用ユーザの嗜好の違いが見えてきます。

ビジネスとしてスマホアプリをリリースする際、ユーザーにどれだけアプリを利用してもらうかが重要なキモです。

そうした意味でもこのグラグで表されたカテゴリー別のリテンションレートの傾向は、かなり参考になるのではないでしょうか。