サラリーマンが副業を考えたら必ずチェックしなければいけないポイント

サラリーマンが副業を考えたら必ずチェックしなければいけないポイント 起業・独立・経営
サラリーマンが副業を考えたら必ずチェックしなければいけないポイント

将来起業する予定はありますか?

でも少し待ってください。あなたが現在フルタイムで働いている場合、いきなり退職をして起業するのはあまりにもリスクが大きいです。

情熱を追求することは重要ですが、やり方によっては大きなリスクをとることになります。
いまのフルタイムを辞めて起業する前に、まずは新しいビジネスを副業という形で小さく始めることをおすすめします。

しかし、小さくても「起業する」ということは、かなりの時間とエネルギーが必要です。あなたが、いまのフルタイムの仕事と新しいビジネスを両立させようとする場合、始める前にまず確認しておくことがあります。新しいビジネスを始めるにあたり、押さえておくべきポイントを紹介します。

かけられるお金と財務知識

新しいビジネスを始めるときに、最も重要な検討事項の一つは、あなたの財政状況です。新しいビジネスを立ち上げるには、多かれ少なかれお金がかかります。

いまある貯蓄と、あなたのいまのフルタイムの仕事から得られる給与の中から、どの程度の金額を新しいビジネスに当てられるかを決めてください。

  • 貯蓄の中からいくら当てられるか。1
  • 毎月の給与からいくら当てられるか。2

決して無理のある金額にしないでください。生活を圧迫するような金額を設定する必要はありません。

ビジネスの成長にはお金と労力が必要です。かけられるお金と労力を予め決めておくことがとても大切です。

かけられる金額が決まれば、すべての業務をひとりでこなすのか、それともある業務をアウトソースするのか、または従業員を雇うか、具体的にできること・できないことが見えてきます。

また、あなたの財務知識がどこまであるかも認識しておきましょう。
本屋に行き、比較的容易な財務に関する本を確認することをおすすめします。

ひとりでやるか、人を雇うか

ビジネスの立ち上げ当初は、ひとりでビジネスの基盤を作る必要があります。しかし、ある程度基盤ができて、業務も明確になってきたら、外部の人を雇うことを検討したほうが良いかもしれません。

どこまでそのビジネスを大きくしたいかを明確にするべきです。

ビジネスがうまくいき大きくなっていくとき、どうしても他の人の手が必要になります。その時のための予行練習という意味でも、小さなタスクだけでも外部の人に委託してみることをおすすめします。3

いまの仕事と会社を尊重する

ここでとても大切なことについてお話します。

それは、あなたがいまフルタイムで就業している会社との関係です。会社によっては副業を禁じている場合があります。就業規則を確認しましょう。もし規則で副業やサイドビジネスを禁じられているのに、副業をしている場合、最悪その会社をクビになる場合があります。

就業規則を見てもよくわからない場合は、上司や担当部署に正直に相談してみることをお勧めします。

また、フルタイムの業務に支障があってはいけません。いまのフルタイムの仕事があっての副業です。副業にのめり込むあまり、いまある仕事をないがしろにしてはいけません。

あなたの目標は、少なくとも短期的には、2つの仕事を両立することです。いまフルタイムで就業している会社に不利益があってはいけません。

新しいビジネスの発展のためにも、真っ当で誠実なやり方で物事を進めていくことが大切です。


  1. 初期段階で当てられる金額

  2. 継続的に当てられる金額

  3. 小さな会社、成功するオフショア開発のすすめをご参照ください