本当の「テクノロジーの活用とは」を考えた一日

AI・機械学習・ディープラーニング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

先日コンサルティングとして入らせていただいている企業様に1日訪問させていただきました。

現在は検証フェーズで
各部門の業務や商品について
AIを活用すべきところ
既存のシステムを入れたほうが良いところ
などを、丸一日喧々諤々とお話(議論)をしてきました。

ずばりテーマは
「商品力アップによる競争力強化」

「業務効率化によるコスト削減」
です。

それぞれ担当部門の責任者のかたはもちろん
社長様はじめ役員のかたまで出てこられて
白熱した1日になりました。

その中で僕の思考のベースとなったのは
AIの得意とするところ
従来システムが得意とするところ
人間の得意とするところ
この三者のバランスです。

AIの得意とするのは

・大量のデータを参考にし
・何らかの予測や推奨をする

という部分です。

一方、従来システムが得意とするのは

・ルール化されたものを
・その通りに処理する

という部分です。

そして、人間が得意とするのは

・社会的能力
・感覚的なノウハウや勘
・心の通った対応

の部分です。

対象となるその業務が
上記三者のどこを適用することが一番最適か
というところが重要なポイントです。

Alは、AIが得意とするところ
システムは、システムが得意とするところを担当し、
そして人間は、人間が最も得意とするところを担当することが、
テクノロジー一辺倒にならない、着実な技術活用の姿だと考えています。

テクノロジーを最適に活用することで、従業員もクリエイティブに働けるようになります。

人間が本来すべき価値のある仕事をするためにテクノロジーを活用する、という視点が大切なんだなと改めて気づきました。