ITシステムを内製化するための現実解。内製の強さは事業会社としての強さになる

ITシステム内製化

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

内製化か外注化か

システムを内製するのか
それとも、外注したほうが良いのか
というのは、ずっと論議されていることです。

外注化の大きなメリットとして「コスト削減」がありますが
長期的に見て内製化と比べてみるとそこまで大きなコスト面でのメリットを享受できなくなっています。

コスト削減のために外注化したのに
さらなるコスト削減をするために、内製化する、という訳のわからないケースも見受けられます。

であるならば
内製化を見越して組織づくりを推進したほうが長い目で見てメリットが大きくなる、というのが弊社の見解です。

今後はIT内製化のメリットが大きくなる

これからは、IT内製化することのメリットは大きくなると考えています。

IT内製化するということは
情報システム部門を強化することと同義です。

強い情報システム部門を持つということは

・知見(ノウハウ)が蓄積できる
・コスト削減できる
・リスクを経験できる

のほかに
外注する場合もベンダーコントロールができる
という大きなメリットがあります。

ベンダー丸投げは大きなリスクになりかねません。
自社リソースの関係上、外注することになっても
システムの知識を持つ情報システム部門があることで、リスクを最小限に抑えるベンダーコントロールができるようになります。

IT内製化を進めたい企業

弊社のクライアント企業の中にも、内製化を進めたい企業がたくさんいらっしゃいます。

しかし、わかっていても難しい部分も多いのが現実です。

一番は、社内リソースの問題です。
情報システム部を持っていたとしても、既存の事業の対応で手一杯。しかも扱う技術といえば、VBAやAccessで作られている既存ツールのメンテナンスばかり。
これでは、とても新しいことにチャレンジする余裕もありません。

また、会社としても、新たしい人材を雇用するにもハードルがあります。一番大きい問題が「人材不足」です。
IT市場全体に人材が枯渇している状況です。エンジニアを育成するためのウェブサービスなどたくさん出てきていますが、それでも足りない状況です。

また、即戦力のエンジニアを雇おうとしても、なかなか見つからないということと、万一見つかったとしても単価が高い、という問題があります。

このように、
・内製化したい
・内製化したほうが長い目でみてメリットが大きい
とわかっていても、現実問題になかなか踏み出せないのが現状です。

内製化を成功させるためのマインドセット

ITシステムの内製化を考えるきっかけとして
コスト削減がほとんどではないでしょうか。

しかし、僕はコスト削減を目的に内製化をすべきでないと考えています。

コスト削減とは「守り」です。
デジタル化の推進の急務がさけばれている昨今、
守りを目的にしたとたん
事業の成長の先が見えてしまいます。

内製化の目的は
「コスト削減」
ではなく
「競争力強化、イノベーション」
とするべきです。

内製化の強さとは事業会社としての強さです。

守りではなく攻めのマインドセットをもつことが
事業を強くするために欠かせません。

ITシステム内製化の現実的に推進する

とはいえ、いきなり全てを内製化することは不可能です。
現在の事業が走っている中、無理なく内製化を推進するべきです。

まずは「ベンダー丸投げ」ではなく
一部を外注する、というところを目標として進めます。

自社の事業内容や、最初に取り組む内容によって進め方は異なりますが、ひとつの例として新しいシステムを開発する場合のステップ例を以下に紹介します。

IT内製化に向けたステップ例

1.社内で興味のある人材を募る
2.定期的な勉強会を行い、スキルアップを図る
3.アイデア出し(業務改善、イノベーション)
4.必要技術:基本知識学習
5.要件整理、可能な範囲で基本設計
6.ベンダー選定
7.開発プロジェクト(ベンダーコントロール)
8.自社運用(ノウハウ吸収)

ここでのポイントは
・勉強会(社内外)
・ベンダー丸投げはしない
・コントロールは自社で行う
・運用を自社で行い、知見(ノウハウ)を吸収する
という点です。

開発はできなくても、技術検証、ベンダー選定までできるまで人材を育成し、デジタル化推進&ノウハウ蓄積の土壌づくりを行うことです。また、既存社員がメンバーとなるので自社の業務知識があるため、即戦力+αとなります。

いきなり100%内製化する必要はありません。
事業の先を見越した内製化への取り組みが、事業を強化していきます。

弊社でもITシステム内製化支援を行なっていますので、もしご興味あれば是非ご連絡ください。

お問い合わせ
お仕事のご依頼やご相談は、チャットワークまたは以下のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。ブログの記事の内容について、たくさんのご質問をいただいておりますが、無償での回答は控えさせていただいております。ひとつひとつは小さな質問で...