ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

AIとIoTを活用して温室制御 – CoolFarm

AIとIoTを活用して温室制御 – CoolFarm AI・機械学習・ディープラーニング
AIとIoTを活用して温室制御 – CoolFarm

AI温室制御システムのCoolFarmというスタートアップを紹介します。

このCoolFarmは、イギリス発のスタートアップで
AIとIoTを活用して、農業用の温室制御システムを提供しています。

AIを活用したシステムで農産物の生産を制御する、というものです

農業ビジネスもAIの活用が進んでいる

CoolFarmは、ビジョンとして以下を掲げています。

農業という市場に新らしい生産手段を提供して、
農産物の品質を向上させ、農業企業の業績を向上させる

このCoolFarmのシステムで使われている技術が、AI(人工知能)とIoT(モノインターネット)です。

IoTとして、いくつものセンサーが使われています。
センサーを農業用の温室に設置して、以下のような様々な情報を得ることができます。

  • 天候
  • 温室の中の、気温、湿度、CO2の量
  • 水の流れ、水圧
  • 水分に含まれる酸性やアルカリ性などの値、アンモニアの値

こういった情報をセンサーを通して逐一収集して、サーバ側に情報が蓄積していきます。

センサーで取得した情報をもとに、AI(人工知能)が最適な対応を自動で実施してくれます。

Coolfarmは、必要なときに必要な処置を実施します。

  • 室温の調整
  • 光の調整
  • 水やり、栄養の補給

農産物の世話をシステムが自動でやってくれるというわけです。

AIでの制御として、「Health Index」と呼ばれる、植物の成長に直接影響を与えるいくつかの環境変数を持っていて、それをもとに制御することで、植物を育てるように設計されています。環境変数の変動に合わせて、適切な対応をAIがやってくれる、ということになります。

管理もタブレットで簡単にできるようになっています。タブレットを通して、状況の把握・管理をすることができます。

管理者は、タブレットから、いつでも、どこでも、すべての温室を監視して制御できるようになっています。現在の状態のモニタリングもできるし、農作物の資源管理もできます。

資源管理も、AIの機械学習アルゴリズムを使うことによって、より効率的な資源管理が可能となる、ということです。

IoTとAIを掛け合わて新しい価値を提供する

IoT技術とAI技術を掛け合わせたサービスになります。技術の掛け合わせで、農業に新しい価値を提供しています。これこそ「イノベーション」と呼べるサービスなんではないかと思います。

是非CoolFramのホームページもチェックしてみてください。写真や図解などたくさん載っていてわかりやすいので、このサービスの素晴らしさが、もっと細かく理解できると思います。

ポッドキャスト

この記事は以下ポッドキャストで話した内容を記事にしたものです。
iTunesポッドキャストはこちら