日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

Snapchatはもう若者だけのアプリじゃない

Snapchatはもう若者だけのアプリじゃない ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究
Snapchatはもう若者だけのアプリじゃない

「Snapchatは若者のアプリだから・・」と敬遠していませんか?

Snapchatが全ての世代間で広まっているというデータが、米国企業Comscoreから公表されました。

Snapchatは、画像や動画を使ったチャットアプリです。様々なフィルター機能や加工の自由度の高さから若者を中心に広まっています。

全ての世代で浸透中

snapchatが全ての世代で浸透中

snapchatが全ての世代で浸透中

きっと、「若者のアプリだから関係ない」「なにが面白いのかわからない」というような印象をもっていたんではないでしょうか。私自身もそうでした。しかし今では、FacebookやTwitterなどはビジネスではなくてはならないものになっています。

Snapchatのような新しいサービスは若い世代から順に広がっていくという特徴があります。そして時間を経て、広い世代へも広まり、ビジネスでも活用されるようになります。

Snapchatもきっと同じ流れになってきていることが、上の図が表しています。

Snapchatは既にSNSのメインストリーム

Snapchat、Twitterをデイリーアクティブユーザー数で超える

こういったSnapchat好調のニュースがどんどん出てきています。日本でもSnapchatを模倣したアプリも数々でてきています。少し前に、InstagramもSnapchatのストーリーを模倣した機能をリリースしました。

近い将来、Snapchat専門の広告代理店なんかも出てくるでしょう。

Snapchatの経営陣は、単なる若者向けのアプリを目指していないはずです。もっと大きな野望をもっているはずです。FacebookがいちはやくSnapchatを買収しようとしたように、FacebookにとってもSnapchatは大きな脅威となっています。

すでにSnapchatはSNSのメインストリームです。まだSnapchatを活用していないかたは、ぜひ早めの活用を検討してみてください。

以前「Snapchatをビジネスで活用するべき理由」という記事に詳しく書いています。こちらもよければ参照してみてください。

時代は若者が創る。けど僕らおじさんたちの意見も聞いてね
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。「時代は若者が創る」なんて断言してしまうと誤解を生みそうだけど、いつの時代も若者によって創られるというのは疑いようのない事実です。時代を創るのは、ポマードでギラギラした政治家でもなければ...