共著書籍「データ分析の進め方 及び AI・機械学習の導入の指南」が出版されました

AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate

AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate AI・機械学習・ディープラーニング
AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate

海外のスタートアップの事例を通して、新しいビジネスアイデアのきっかけや、ビジネスのヒントを得ようという主旨で、毎回気になった海外スタートアップを紹介しています。

今回紹介するのは、AIビジネスの事例で、「SmartPlate」というサービスです。

AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate

SmartPlateはアメリカのスタートアップで、「あなたの個人栄養士」というコンセプトのサービスです。

ホームページには、以下のように紹介されています。

SmartPlate は、世界初のAI栄養管理プラットフォームです。
高度な画像認識を使用して、食事を分析し、栄養管理することができるサービスです。

スマートな方法であなたの健康目標を達成する

このサービスは2つのデバイスで構成されています。

  • 専用スマホアプリ
  • 「スマートプレート」と呼ばれる食事を乗せるプレート

スマートプレートには重量センサーが内蔵されていて
プレートに乗っている食事の重量を計って、スマホアプリに情報を送信してくれるという機能をもっています。

スマホアプリには、AI技術のひとつの画像認識技術が搭載されていて、画面に映った食事を識別してくれます。

アプリを通して画面に映った料理が、なんの料理かを認識してくれます。そして、SmartPlateに保持している食事のデータベースと照合して、どれくらいのカロリーがあるかを教えてくれます。

SmartPlateのターゲットとする利用者としては、以下のような人を想定しているようです。

  • ダイエットをしている人(興味のある人含む)
  • 食事制限が必要なアスリート

個人の栄養管理士として、このサービスを利用することができます。

目標の設定機能もあり、自分なりの目標設定もできますし、または、医師が承認した食事療法プログラムもいくつか選べるので、そのなかのひとつを目標として設定することもできます。

健康分野でのIoTとAIを活用が盛り上がってきている

SmartPlateは、IoTとAIを利用した健康分野のサービスになりますが、海外も日本もこういった健康分野でのIoTやAIの活用が多くなってきています。

本サイトのブログやポッドキャストでも、健康分野のサービスをいくつか紹介していますが、「健康分野」とひとことで言っても、その中で更に細分化されます。

例えば以下のような分野です。

  • 今回のSmartPlatのような栄養管理全般
  • フィットネス寄り。運動・スポーツ関連
  • 医療寄りの栄養管理(糖尿病などの生活習慣病の予防や治療に役立てるサービス)

今後も健康分野でのAI技術やIoT技術の活用が増えていくだろうと思います。

ビジネス視点として同様のサービスの立ち上げを考えた場合、まずはターゲットを絞って始めることがポイントだと思います。最初から、ターゲットを広くしてしまうと、競合と比べても何も特徴のないサービスになってしまいがちです。なので、ターゲットを絞ってニッチを狙い、少しずつサービスを育てていくことが大切です。

僕個人も、健康分野のサービスはとても興味がありますので、今回紹介したSmartPlateも含め、今後も注目していきたいと思います。

【ロカラボからのお知らせ】
自社事業にAIを活用しようとする前にこれだけは押さえておいてください。

【無料ダウンロード】成功するAIプロジェクトに共通する3つの最重要ポイント

事業でAIを活用する企業様が多くなってきました。
弊社でも主に製造業・医療業を中心にAIシステムの開発や導入支援をおこなってきました。

その中で見えてきた、成功するAIプロジェクトに共通する最重要ポイントをまとめたPDFファイルを無料で配布しています。

AI導入プロジェクトをスタートする際には是非ご参考にいただけたらと思います。
こちらのページからダウンロードしてください。

Profile
荒井豊

メイドインジャパンを盛り上げる!日本のモノづくりを全力で応援しています。IT内製化コンサルタント/PM/ITセミナー講師。理詰めで考えて泥臭く行動するのが性に合ってるみたいです。嫁と娘を溺愛。将棋観戦が好き AI / IoT / DX

ロカラボをフォローする
AI・機械学習・ディープラーニング
ロカラボをフォローする
株式会社ロカラボ