AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate

AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate

海外のスタートアップの事例を通して、新しいビジネスアイデアのきっかけや、ビジネスのヒントを得ようという主旨で、毎回気になった海外スタートアップを紹介しています。

今回紹介するのは、AIビジネスの事例で、「SmartPlate」というサービスです。

AI栄養管理プラットフォーム SmartPlate

SmartPlateはアメリカのスタートアップで、「あなたの個人栄養士」というコンセプトのサービスです。

ホームページには、以下のように紹介されています。

SmartPlate は、世界初のAI栄養管理プラットフォームです。
高度な画像認識を使用して、食事を分析し、栄養管理することができるサービスです。

スマートな方法であなたの健康目標を達成する

このサービスは2つのデバイスで構成されています。

  • 専用スマホアプリ
  • 「スマートプレート」と呼ばれる食事を乗せるプレート

スマートプレートには重量センサーが内蔵されていて
プレートに乗っている食事の重量を計って、スマホアプリに情報を送信してくれるという機能をもっています。

スマホアプリには、AI技術のひとつの画像認識技術が搭載されていて、画面に映った食事を識別してくれます。

アプリを通して画面に映った料理が、なんの料理かを認識してくれます。そして、SmartPlateに保持している食事のデータベースと照合して、どれくらいのカロリーがあるかを教えてくれます。

SmartPlateのターゲットとする利用者としては、以下のような人を想定しているようです。

  • ダイエットをしている人(興味のある人含む)
  • 食事制限が必要なアスリート

個人の栄養管理士として、このサービスを利用することができます。

目標の設定機能もあり、自分なりの目標設定もできますし、または、医師が承認した食事療法プログラムもいくつか選べるので、そのなかのひとつを目標として設定することもできます。

健康分野でのIoTとAIを活用が盛り上がってきている

SmartPlateは、IoTとAIを利用した健康分野のサービスになりますが、海外も日本もこういった健康分野でのIoTやAIの活用が多くなってきています。

本サイトのブログやポッドキャストでも、健康分野のサービスをいくつか紹介していますが、「健康分野」とひとことで言っても、その中で更に細分化されます。

例えば以下のような分野です。

  • 今回のSmartPlatのような栄養管理全般
  • フィットネス寄り。運動・スポーツ関連
  • 医療寄りの栄養管理(糖尿病などの生活習慣病の予防や治療に役立てるサービス)

今後も健康分野でのAI技術やIoT技術の活用が増えていくだろうと思います。

ビジネス視点として同様のサービスの立ち上げを考えた場合、まずはターゲットを絞って始めることがポイントだと思います。最初から、ターゲットを広くしてしまうと、競合と比べても何も特徴のないサービスになってしまいがちです。なので、ターゲットを絞ってニッチを狙い、少しずつサービスを育てていくことが大切です。

僕個人も、健康分野のサービスはとても興味がありますので、今回紹介したSmartPlateも含め、今後も注目していきたいと思います。

ポッドキャスト

この記事は以下ポッドキャストで話した内容を記事にしたものです。
iTunesポッドキャストはこちら

Related Post

ポッドキャスト配信中

SE社長アライの「海外スタートアップ研究室」
今、何よりも必要なのは「多様化するマーケットを読み解く力」です。
海外スタートアップの研究や、そこから学んだビジネスのヒントを共有しています。

お問合せはこちら

サービスに関する質問や記事に関するお問合せなど、お気軽にご連絡ください。お問合せをいただいてから原則24時間以内に返信させていただきます。