日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

「抜本的改革」をするために必要なこと

ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

「このままではいけない
抜本的な改革が必要だ」
という意見には慎重になるようにしています。

誰かに言われるケースもそうですし
自分が言うケースも同様です。

たとえば、改革を行って
それがうまくいったら
「ほら、うまくいった。私の意見は正しかった」
と言うかもしれません。

反対に
改革が失敗に終わったらこう言うかもしれません。
「言う通りにやっていない、または行動が足りないから失敗したんだ」

以前「形ないものを売る難しさ」という内容のブログに書きましたが、それと共通して、「提案する側が不利にならないようにする」ことができてしまいます。

こういった片方だけに有利な取引はするべきではなく、双方それぞれにメリットがなければ意味はないと考えています。ビジネスは特に「三方よし」が重要です。

抜本的な改革をする際に大切なポイントは「効果があったかどうかを定量的に計測できるかどうか」という点です。

そのためには、
効果がある/ないの線引きをする必要があります。
「ゴールの設定」を明確にするということです。

ここまで行ったら成功(効果があった)ということにしよう。という線引きを決めます。

これがないと
いつまでたってもズルズルと
お金と時間が浪費されていく状況になります。

業務改革によって総務の仕事は効率化されたけど
営業活動に制限がかかってしまって、結果として売上が下がった。
ということになったら、「良い結果」とは言えません。

・ゴールの設定は定性的/定量的の両面で設定する
・いつまで達成するかを決める
・もし達成できなかったときの対策を決めておく
・改革のメリット/デメリットを挙げておき、メンバー全員の認識を合わせる

こういったことから手をつけることで
本当の「抜本的改革」が始まるのではないでしょうか。

もしそうでないのであれば
それは「口だけ」「ファイティングポーズだけ」のものになります。