日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

AI導入自体が目的になっていませんか?AIに何を任せるか

AI・機械学習・ディープラーニング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

AIの導入というと今までは大手企業が中心でしたが、ここ数年で中小企業のAI導入も進んできているようです。

その影響もあるのかないのか、ありがたいことに弊社にもお問い合わせをたくさんいただくようになりました。

そんな中で考えたことを今回は紹介します。

AIに任せるということ

AI導入を考えるときに、まず大切なポイントは、
AIを自社のビジネスに導入するときに何を任せるか、ということです。

・人間ではできないことを任せる
・手間のかかることを任せる
・人間でなくても良いことを任せる

色々とあるかと思います。

まずは、何を任せるかを考えることが大切です。

AIは魔法の杖じゃない。ビジネスにAIを活用したいと思ったら
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。「AIでうまいことできませんか?」AIを使えば今まで苦労してきたことが全て解決するというような誤解を持たれている方が多いようです。AIは魔法の杖ではありません。今回は、ビジネス...

上の記事でも書きましたが、AIはなんでもできる魔法の杖ではありません。AIが便利そうだからなんでも任せようという考えは好ましくないわけです。

人間がやったほうがよいことを考えてみる

AIに何を任せるかを考えるにあたって
人間がやったほうがよいことを考えてみるというのもひとつの手です。

・人間しかできないこと
・人間がやったほうが良いこと

「2045年にシンギュラリティが来る!」という話がありますが、まだ随分と先の話です。

いまのAIには、人間的な対応は難しいのが現状です。

人間的な対応というのは、例えば
・こころづかい
・おもてなし
というような人間の心から発生する対応です。

こういった心のある対応は、
顧客満足度にもつながりますので
AIが発達しても残っていくはずです。

AIに任せることを考える際には
人間がやったほうがよいことから考えてみるのも良いでしょう。

AI導入が目的になると失敗する

AIを自社ビジネスに導入をしても、うまくいかないケースがあります。

失敗する原因のほとんどは、だいたい決まっています。

AIに対する考えかたが問題です。

AIに対して期待度が高すぎ
プロジェクトの初期は盛り上がっているのですが
だんだん尻つぼみになってしまいます。

そして、AI導入自体が目的となってしまうことが原因です。

AIを導入する目的を見失ってはいけません。

「なんの目的があってAIを導入するのか」
「何をAIに任せるのか」
ということを心に留めておく必要があります。

AIと共存

いまやAIは様々な分野で活用が進められています。

とはいえ、いま活用が進められているほとんどのAIの役割はあくまで「人間のサポート役」という位置付けです。

様々な意見や想いなど人それぞれでしょうが
今後、AIと共存していく世の中が広がります。

AIができることがどんどん多くなっていくことで
自分ができること、やりたいことを今一度見つめ直す良い機会になっています。

AIに任せること人間がするべきことを明確にして、AIと共存することで、ビジネスがより良い方向に向かっていくと考えています。