日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

副業から始める!リモートワーカー活用のすすめ

オフショア・アウトソーシング

副業をやっている、または将来やろうと思っている人はかなり多いと思います。
アフィリエイトやネットショップなど、インターネットを活用しているケースもたくさんあると思います。

しかし実際は、月に1,000円から30,000くらいの売り上げの方が大多数ではないでしょうか。
いくらインターネットを活用したとしても、ある程度稼げるようになるには、それなりの労力が必要です。

そこで今回の記事には、リモートワーカーを活用する方法について紹介したいと思います。
どうやって見つけて、どんなことが依頼できるか。あわせて副業で活用する場合の注意点も紹介します。

なぜ副業から始めるか

現在会社勤めで、将来独立を考えている方は多いと思います。
しかしビジネスアイデアだけで、いきなり退職して独立するのは、かなりリスクがありますね。
独立する前に、そのビジネスで成功できるかテストする必要があります。

まずは副業で始めることをおすすめします。
副業で始めて、万が一うまくいかなくても、本業があるので即生活に困ることはありません。
また小さく始めることで、投資する金額も少額なため、失敗しても損失は最小限に抑えられます。

副業でリモートワーカーを活用するメリットとは

リモートワーカーを活用するには、まずはどんなことを依頼するかを考えましょう。
「あえて自分がやらなくても良い作業」を依頼するようにします。
任せられる作業は任せて、空いた時間で自分にしかできない業務を進めるようにします。

また、リモートワーカーを活用するにも、慣れが必要です。
仕事をわかりやすく依頼したり、進捗を確認したり、問題が起きたときに対処方法を判断したりと
要するに「マネジメント」するスキルが必要です。

副業から小さく始めることで、自分自身のマネジメントスキルを無理なく身につけることができます。
このマネジメントスキルを身につけられるということが
副業でリモートワーカーを活用する最大のメリットです。

身につけたマネジメントスキルは、本業でも活かせます。
また、いざ独立開業した際にも、マネジメントスキルは大いに役立ちます。

リモートワーカーを見つける

自分に合ったリモートワーカーはどこで見つければ良いでしょうか。
知り合いにいれば良いのですが、身近にはそうはいません。
インターネットが一番手っ取り早い方法です。

依頼した人と、仕事ができる人をマッチングするサイトが数多くあります。
「クラウドソーシング」と検索すればたくさんのサイトがヒットしてきます。
その中で、私も利用しているおすすめのサイトを紹介します。

日本

ランサーズ

日本最大のクラウドソーシングサイトです。
システム開発やデザインなどが依頼しやすいです。

クラウドワークス

こちらもランサーズと並んで有名なクラウドソーシングサイトです。
システム開発やデザインとあわせて、ライティングの案件が多いイメージです。

シュフティ

事務作業やライティングなどのお仕事が依頼できるサイトです。
サイトの名前にもある通り、主婦の方が活躍しています。
主婦の方といっても、スキルの高い方が多いので、入力作業の他にライティングや資料作成に活用されるのも良いと思います。

海外

Elance

有名なクラウドソーシングサイトで、登録しているリモートワーカーや企業が多いです。
ただ、スパマー(業務内容も見ずに応募してくる人)が多いので、作業を依頼する際は見極めが必要です。

Upwork

前述のElanceとoDeskとの合同サービスになります。
かなり急成長しているサービスで、リモートワーカーも年々増えているようです。

Fiverr

ロゴ作成やデザインの依頼などは、こちらのサイトがおすすめです。
$5 から対応してくれるので、リスクも少なく、海外への依頼が初めての方であれば、依頼の練習にも良いかもしれません。

依頼タスク例

どんなタスクでも依頼できるのですが
比較的依頼しやすいものを紹介します。

ロゴデザイン

ロゴデザインや画像作成は、比較的依頼しやすいタスクです。
もし英語に少しでも馴染みがあれば、先ほど紹介したFiverrをおすすめします。

依頼の際は、以下の点をできるだけ明確に伝えるようにしましょう。
・イメージ
・色
・ロゴに持たせたい想い

ホームページデザイン

0の状態で、イメージを伝えてデザインに起こしてもらう、というのはかなりハードルが高いので最初は避けたほうが良いでしょう。
例えば、既存のWordpressのテーマのカスタマイズや、レイアウトの変更などは依頼しやすいタスクです。
明確に伝えられるのであれば、前述した海外のサイトを通して依頼しても面白いと思います。

ブログ執筆

ライティング作業です。記事のトピックや記事内で使用してほしい単語を伝えましょう。
日本語のブログであれば、もちろん日本人に依頼すべきです。
もし英語ブログであれば
例えば、「日本語の記事の翻訳を依頼する」というのもありだと思います。

副業での注意点

最後に、副業でリモートワーカーを活用する際の注意点を以下に紹介します。

小さく始めて大きくしすぎない

副業であるかぎり、本業が疎かになっては本末転倒です。
無理のない大きさに制御することが大切です。

安かろう悪かろうになりがち

クラウドソーシングサイトでリモートワーカーを応募すると
結構な低価格で作業してくれる方が多いということに気づきます。
もちろん良心的な方が多いのですが、中には「安かろう悪かろう」になるケースが多く、結果的に損をする場合もあるので注意が必要です。

具体的に依頼する

できるだけ具体的に依頼することが大切です。作業内容、納品物、納期、などです。
海外に依頼する際に役立つ英文ビジネス文書のテンプレートもこちらで紹介していますので、参考にしてみてください。

まとめ

副業でのリモートワーカーの活用について紹介しました。いかがでしたでしょうか。
作業の効率化ももちろん、自分自身のスキルアップにもつながります。
将来に独立を考えている方は特に活用してみてはいかがでしょうか。