日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

システム支援事業という職業が大好き。ビジネスの裏側を見ることができる

起業・独立・経営

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

弊社のビジネスは、システム支援事業です。業務改善による生産性向上や事業創出、最近ではAI導入による商品のアップデート支援などもさせていただいています。

僕はこのシステム支援という職業が大好きです。

本音を言ってしまうと
システム開発自体はそこまで好きじゃないんです。
システム開発っていうのは、プログラミングですね。
それはあまり好きじゃない。

では、システム支援のどこが好きかというと
ビジネスやその業界の裏側を見ることができるという点です。

これが、面白くて面白くてしかたないんです。

弊社のお客様は企業様がほとんどです。

その企業がやりたいことについてシステム導入の支援をするのですが、支援するためには、お客様の業務内容やビジネスを理解する必要があるわけです。

もっと言うと、ビジネスモデルなんかもガッツリ知ることになります。

この情報が
ビジネスおたくの僕としては、宝の山ですw

先日も、ある医療系のベンチャー企業の代表のかたから
直接お問い合わせがあり、お話を伺いに行きました。

えぐい話が出てくる出てくるw

普段、ふつうに生活しているだけでは
絶対に出会えないであろう話をしていただきました。

その企業様は
既存の商流やビジネス形態をぶっ壊すサービスを作ろうとしている会社です。

いまの医療関連の業界は
大手企業がガッツリ商流に入り込んでいるために
情報が狭かったり、もっと良い方法があるのに、
慣習や商習慣がじゃまをしてそれができなかったりしている業界です。

そこに新たな風を吹かそうというプロジェクトです。

もうシビれましたw

 
こういったように
普段、本やネット、会話だけでは知り得ない情報に触れることができるのが、システム支援事業の面白いところです。

いろいろなビジネスの裏側の情報に触れていると
書籍や体験だけでは得られない、たくさんのビジネスモデルを学ぶことができますし、どうやれば新しいことができるかというアイデアや実現方法も自分の中に蓄積されてきます。

そうして蓄積された情報は、他の企業様とお話したときにも提案内容のひきだしとして活用することができます。(もちろん他社の事業の詳細は話したりせず、抽象化したノウハウをご提供するというイメージです)

システム支援事業は、一見地味な感じで表立って目立ちはしませんが、クライアント企業様の縁の下の力持ちのような支援ができるので、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

今後も様々な企業様のビジネスに携わることで、クライアント企業様だけでなく世の中全体に貢献できるように事業を推進していきたいと考えています。