ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

飯のタネを無料で公開する理由と「自己中心的利他」

起業・独立・経営

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

弊社は当初「システム開発事業」をメインとして立ち上げた会社なのですが、最近ではシステム開発だけでなく様々な立ち回りをさせていただくことが多くなってきました。

・プロジェクトマネジメント
・コンサルティング/技術顧問
・ちょっとした相談相手(コンサルに近い?)

なかでも、コンサルタントの立ち回りが多くなってきた印象です。

コンサルをメインのビジネスにしている場合は、一般的にコンサルのノウハウやツールは公開しません。なぜなら、それこそが「飯のタネ」だからです。

でもこれからはそういった情報は無料で公開していくべきだと考えています。僕もブログやメルマガで「飯のタネ」を発信しています。今回は、ノウハウを無料で公開する理由について考えてみました。

世の中から不幸なプロジェクトを無くす

「手の内がバレても、世の中から不幸なプロジェクトが減るならそれでいいじゃないか」と、わりと本気で思ってたりします。

システム開発事業って面白いところがありまして、それは、色々な業種業態の裏側を垣間見ることができることなんです。

僕自身、いままで様々な業種業態の事業をシステム開発を通して見てきました。いくつかピックアップします。

・医療
・士業
・人事
・リサーチ事業
・製造
・物販

システムを提供するためには、事業を理解する必要があります。普通に生活していたら知らなかったその事業の裏側も見ることができるわけです。

しかし、業種業態の違いこそあれ、それぞれ難しい面もあったりします。それは、僕らシステム業者ではどうしようもないその業界の古くからの慣習ややりかただったりします。

しかし中には、僕らだからこそ解決できることも少なからずあります。ちょっとしたノウハウを知っていれば解決できる(ことも多い)わけです。

そのノウハウを知らないばかりに、不幸になるプロジェクトを減らしたいと思っています。それが僕が「飯のタネ」を無料で公開する大きな理由のひとつです。

もちろんブログやメルマガをきっかけに仕事に結びつける、というのも目的のひとつではあります。が「続きは有料で」みたいな出し方はちょっと微妙だなと感じています。

良い情報は撒き散らすべき

事業の方向性や、経営者の考えかたはそれぞれあると思いますが、今後は「良い情報は積極的に撒き散らすべきだ」と考えています。

「信用経済だ」とか「信用をためるため」とかそういった考えとはちょっと違います。

ひとことでいうなら
自己中心的利他
です。

撒き散らしたいから撒き散らす、ですw

良い情報を撒き散らして、世の中の不幸なプロジェクトがひとつでもうまくいったらうれしいじゃないですか。

完全に「自己中心的」な考えです。

なにごとも中途半端が一番よくありせん。自己中心的な考えも中途半端だと、いわゆる「自己チュー」です。しかし、自己中心的な考えのスケールが大きければ大きいほど、「利他」になるんじゃないでしょうか。

無料で情報発信して、集客につなげて自社の商品を売ろう
これでは中途半端です。

無料で情報発信して、世の中から不幸なプロジェクトを無くす
これであれば、自己中心的でも利他になりえるのではないでしょうか。

言葉で言うのは簡単です。

ただ、本当に実現するためには行動が必要です。この自己中心的な考えを実現するひとつの手段が「良い情報は撒き散らす」という行動ということです。

影響力の拡大が必要

とはいえ、良い情報を撒き散らしても誰の目にもとまらなければ意味がありません。良い情報を撒き散らして、多くの人に届けるためには、影響力が必要だと考えています。

うちみたいな小さな事業者ほど、影響力の拡大が必要だと最近は特に痛感しています。

数年前からブログを細々続けていて、去年からメルマガも開始しました。でも、まだまだ足りないです。今後は、ブログとメルマガに主軸をおきつつ、影響力を拡大するための打ち手を増やしていきます。

将来を見据えて準備することはできない。だからこそ打ち手を増やす
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。スティーブ・ジョブスのスピーチを改めて観ています。この動画を観たことがあるかたも多いのではないでしょうか。スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学の卒業スピーチです。今回は、この...

まとめ

だれかに与えた価値は寸分違わず自分に戻ってくる、というのがこの世界の決まりだと思っています。

ノウハウの中には、原理原則で変わらないものもあれば、使わなければ腐ってしまうナマモノのようなものもあります。ノウハウなんて、古くなる前にどんどん公開していけばいいというのが僕の考えかたの根底にあるものです。

「自己中心的利他」という考え方、これは僕が考えたわけではなく、最近知った言葉です。なんか生々しい表現で気に入っています。

「自己中心的利他」、今後のテーマにしていきたいと思っています。