ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

システム障害を予測するAIプラットフォーム Blue Matador

システム障害を予測するAIプラットフォーム Blue Matador AI・機械学習・ディープラーニング
システム障害を予測するAIプラットフォーム Blue Matador

こんにちは、荒井です。

海外のスタートアップの事例を通して、新しいビジネスアイデアのきっかけや、ビジネスのヒントを得ようという主旨で、毎回気になった海外スタートアップを紹介しています。

今回紹介するAIビジネスの事例は「Blue Matador(ブルー・マタドール)」というサービスです。

システム障害を予測するAIプラットフォーム

Blue Matadorには3つのソリューションサービスがあります。

  • 無料システムモニタリングサービスの「WatchDog」
  • AIによるシステムログ管理サービスの「Lumberjack」
  • AIによる障害予測サービスの「Firefighter」

この3つのソリューションによって、Blue Matadorは、システム開発とシステム運用にとっての強い味方になります。

システムのモニタリングサービスというのは、既に色々とありますが、このサービスのポイントは、AIを活用してシステム障害を予測・通知してくれる、という点
です。

いままでは、システム障害が起きてから適切な対策なりを実施し、障害を解決するのが普通でしたが、このBlueMatadorは普段からシステムログを監視していて、そのシステムログから障害の可能性を判断し、障害が起きる前に、警告通知をしてくれます。

これはとても画期的なことで、障害を事前に察知して、障害が起きたとしても、最小限に被害を食い止めることができるわけです。そうすることで、システムを強固に保つことができるし、結果的には、顧客満足度も向上させることができます。

サーバーの問題に関連するデータを見つけるのに、10秒以上を費やすということ自体が問題である

というふうにBlueMatadorのCEOは考えています。その問題を解決するために、集中管理されたログ管理ツールと、AIによる障害予測システムを開発たということです。

日本でも「システム障害を検知するサービス」というのがいくつか出ています。
富士通などの大企業から、スタートアップ企業まで、AIを活用したモニタリングサービスというのが出ています。「システム障害モニタリング AI」みたいなキーワードで検索してみると、色々と出てきますので、是非チェックしてみてください。

異常検知はAIの得意分野のひとつ

異常検知などの分類処理というのは、AIの得意とするもののひとつなので、モニタリングデータから異常検知して障害を予知する、というのはAIにとってはもってこいの分野になります。

一部では、「AI技術が発達することで、将来は、AIに仕事を取られるんじゃないか」みたいな話をしている方もいますが、今回のBlueMatadorのようなものが広く普及したところで、いままでのシステム管理者や運用者の仕事が、根こそぎAIに取られるというわけではないと思います。

しばらくの間は、人間の仕事のサポート役としてAIを活用する、というのが理想の形なんじゃないかと思います。

まとめ

今回紹介したBlueMatadorもそうですが、AIの得意分野である、異常検知と通知、人間の得意分野である、状況を把握して適切な処置を行う、AIはあくまで人間の業務のサポート役という視点でAIビジネスを考えてみると、たくさん良いサービスが生まれてくるんじゃないかなと思います。

ポッドキャスト

この記事は以下ポッドキャストで話した内容を記事にしたものです。
iTunesポッドキャストはこちら