ビジネス掛け合わせの妙!AIセンサープラットフォームサービス「SUPA」

ビジネス掛け合わせの妙!AIセンサープラットフォームサービス「SUPA」 海外スタートアップ研究
ビジネス掛け合わせの妙!AIセンサープラットフォームサービス「SUPA」

AIセンサープラットフォーム「SUPA」を紹介します。

生体認証 + スポーツ + ファッション + 人工知能

SUPAは、ヘルスケアやファッション、エクストリームスポーツをターゲットとした、AIセンサープラットフォームです。
以下、SUPAのホームページを意訳したものです。

SUPAは、パーソナルAIセンサープラットフォームです。デジタルヘルスとエクストリームスポーツを融合させることで、バランスのとれたライフスタイルのためのサービスです。利用者は、衣類やデバイス(IoTデバイス)、またはApple WatchなどのセンサーからのSUPA APPと通信できます。

SUPAは、ニューヨークのSabine Seymourさんが立ち上げられました。

Sabine Seymourさんは、もともとファッション関連の企業で、ディレクターをしていて、「ファッショナブル・テクノロジー」という本も出版しています。

「ファッション・テクノロジスト」というタイトルの動画も見つけたので以下に紹介します。

The Fashion Technologist

残念ながら、動画のインタービューは途中で終わっていて最後まで見れませんが、ファッションやテクノロジー、生体認証との融合について話をしています。

ビジネスモデル

SUPAは、プラットフォームビジネスです。
コアとなる技術を提供し、それを利用してもらうことで、ビジネスを広げていくことができます。

特筆すべきは、IoTの発達と、AIなどの各種プラットフォームを効果的に利用して、ビジネスを組み立てているという点で、組み合わせた上で、ターゲットとする「ヘルスケア市場」にアプローチしています。

また面白いのは、センサー付きのスポーツウェアはもちろん、さまざまなグッズも販売しており、サービス自体を親しみやすくするとともに、ブランディングの強化も行なっています。

マーケティング

ビジネスモデルも素晴らしいですが、マーケティングについてもうまく考えられています。

それは、ビジネスに社会的意義を持たせるということです。

・サーファー(SUPAを利用することで、海を綺麗に保てる)
・社会性を重視する人にもアピール(エチオピアの妊婦死亡率の減少、ユニセフへの協力)

「SUPAを利用することは社会性のあることにも繋がっているんだよ」とアピールすることで、SUPAを利用する意味づけをしています。

こういった社会的意義を持たせることは、利用者へアピールするとともに、投資家に向けても良いアピールになります。

まとめ

上記の動画でSabine Seymourさんは「ファッションとテクノロジーはもともと私のgene1」と話しています。もともと自分が持っているもの(才能や知識や経験)をうまく掛け合わせて、ビジネスを作ることが大切なんだと改めて感じました。

ビジネスはアイデアをパクることから始めると成功しやすい。海外のAIスタートアップ事例まとめ【随時更新中】
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。 当ブログでは、僕が個人的に気になった海外スタートアップも時々紹介しています。 どうして海外のビジネス事例を紹介しているかというと、海外のスタートアップの事例を通して新しいビジネスア...

  1. バックボーンという意味で言っている