ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

DialogflowのExampleモードとTemplateモード

Dialogflow

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

先日の記事で、Dialogflowの基本コンセプトについて書きました。

今回は、ExampleモードとTemplateモードについて紹介します。

設定できる入力モードが2種類ある

Dialogflowでは、設定できる入力モードが2種類あります。

入力モード・Exampleモード
・Templateモード

注意しなければいけないのは、デフォルトで「Example」モードが使用されるということです。

Exampleモードでは、Dialogflowはいくつかのサンプルフレーズを受け取り、同様のフレーズを推測することができます。細かい制御が必要になるまで、Exampleモードで十分です。

例えば、Intentsに以下のフレーズを設定をしたとします。
「水素の元素記号は何ですか?」

この設定に対して、Dialogflowは以下のようなフレーズでも同じ内容であると推測してくれます。
「水素の元素記号は?」
「水素 元素記号」
「水素の元素記号ってなに」

しかし、幅広いフレーズに対して適切な返答をしようとすると、Exampleモードでは限界があります。

そこで、Templateモードの登場です。

Templateモードを使うと世界が広がる

少々おおげさな表現ですが、Templateモードを使うとDialogflowを活用する世界が広がります。

TemplateモードはDialogflowの最も強力な機能のひとつです。

そして同時に、Templateモードがどれくらい多くのものに適用できるかが分かると、それこそ活用の世界が広がる感覚を味わいます。

Templateモードへの切り替え方法

ExampleモードからTemplateモードへの切り替え方法です。

Templateモードに切り替えるのは簡単です。フレーズ入力項目の前にある「”」記号をクリックするだけです。クリックすると「@」に変わりTemplateモードになります。

そして「@」をクリックすると「”」に変わりExampleモードに切り替わります。

これだけでTemplateモードとExampleモードを切り替えることができます。

上の例では、テンプレートモードを使って、Intentsを設定しています。

コンソールで設定したIntentsの出力をテストしてみましょう。

 

ちゃんと、設定したIntentsに割り振られ、そして日時も取得できています。