共著書籍「データ分析の進め方 及び AI・機械学習の導入の指南」が出版されました

DialogflowのExampleモードとTemplateモード

Dialogflow

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

先日の記事で、Dialogflowの基本コンセプトについて書きました。

今回は、ExampleモードとTemplateモードについて紹介します。

設定できる入力モードが2種類ある

Dialogflowでは、設定できる入力モードが2種類あります。

入力モード・Exampleモード
・Templateモード

注意しなければいけないのは、デフォルトで「Example」モードが使用されるということです。

Exampleモードでは、Dialogflowはいくつかのサンプルフレーズを受け取り、同様のフレーズを推測することができます。細かい制御が必要になるまで、Exampleモードで十分です。

例えば、Intentsに以下のフレーズを設定をしたとします。
「水素の元素記号は何ですか?」

この設定に対して、Dialogflowは以下のようなフレーズでも同じ内容であると推測してくれます。
「水素の元素記号は?」
「水素 元素記号」
「水素の元素記号ってなに」

しかし、幅広いフレーズに対して適切な返答をしようとすると、Exampleモードでは限界があります。

そこで、Templateモードの登場です。

Templateモードを使うと世界が広がる

少々おおげさな表現ですが、Templateモードを使うとDialogflowを活用する世界が広がります。

TemplateモードはDialogflowの最も強力な機能のひとつです。

そして同時に、Templateモードがどれくらい多くのものに適用できるかが分かると、それこそ活用の世界が広がる感覚を味わいます。

Templateモードへの切り替え方法

ExampleモードからTemplateモードへの切り替え方法です。

Templateモードに切り替えるのは簡単です。フレーズ入力項目の前にある「”」記号をクリックするだけです。クリックすると「@」に変わりTemplateモードになります。

そして「@」をクリックすると「”」に変わりExampleモードに切り替わります。

これだけでTemplateモードとExampleモードを切り替えることができます。

上の例では、テンプレートモードを使って、Intentsを設定しています。

コンソールで設定したIntentsの出力をテストしてみましょう。

 

ちゃんと、設定したIntentsに割り振られ、そして日時も取得できています。

【ロカラボからのお知らせ】
自社事業にAIを活用しようとする前にこれだけは押さえておいてください。

【無料ダウンロード】成功するAIプロジェクトに共通する3つの最重要ポイント

事業でAIを活用する企業様が多くなってきました。
弊社でも主に製造業・医療業を中心にAIシステムの開発や導入支援をおこなってきました。

その中で見えてきた、成功するAIプロジェクトに共通する最重要ポイントをまとめたPDFファイルを無料で配布しています。

AI導入プロジェクトをスタートする際には是非ご参考にいただけたらと思います。
こちらのページからダウンロードしてください。

Profile
荒井豊

メイドインジャパンを盛り上げる!日本のモノづくりを全力で応援しています。IT内製化コンサルタント/PM/ITセミナー講師。理詰めで考えて泥臭く行動するのが性に合ってるみたいです。嫁と娘を溺愛。将棋観戦が好き AI / IoT / DX

ロカラボをフォローする
Dialogflow
ロカラボをフォローする
株式会社ロカラボ