ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

Eコマースの主役は依然としてスマートフォン【モバイルコマース】

ウェブマーケティング

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

Googleの調査によると、スマートフォンを所有する消費者の10人のうち8人は、最終的に店頭で商品を購入するにもかかわらず、店頭でスマートフォンを使って商品についての検索を行っているそうです。

スマートフォンの普及が進み、小売業界への影響も大きくなってきています。
全世界で見ると、Eコマースにおけるモバイルのシェアが40%に達することが予測されているくらいです。

今回は公開されているデータを見ることで、スマートフォンのEコマースへの影響について見ていきます。

モバイル商取引のシェアは35%

モバイル商取引のシェアは35

Criteoの調査によると、世界全国でみると平均でEコマースにおける商取引全体の35%をモバイルでの取引が占めているということです。

上の図からもわかるとおり、ほとんどの国でモバイル商取引のシェアが増加していることがわかります。

世界で見ても、日本はモバイル商取引が活発な国であると言えます。

Eコマースの主役はスマートフォン

eコマースにおけるスマホとタブレットのシェア

上の図は、Eコマースにおけるスマートフォンとタブレットのシェアを表したものです。

特筆すべきは、日本と韓国ではスマートフォンがEコマースの40%以上を占めているということです。

インターネットで買い物をするときは、複数のデバイスを使って調査する傾向があります。
デスクトップパソコンやスマートフォン、タブレットなどです。にも関わらず、スマートフォンのシェアが40%を超えるというのは、それだけスマートフォンが身近な存在になっているという表れでしょう。

Eコマースでスマートフォンが占める割合の拡大を踏まえ、事業者はモバイル対応の優先順位を高めるべきです。
スマートフォンのような小さな画面でも問題なく利用できるように最適化や、アプリの開発が必要になります。

モバイルからの売上を増やすモバイルコマース対策のポイント3つ
こんにちは、荒井(@yutakarai)です。Googleによると、米国や日本を含む10カ国でモバイル検索数がデスクトップ検索数を抜いたそうです。ECサイトを運営されていて、もしまだモバイルに対応していない場合は、モバイル対応を早急...

iOSかAndroidか?

Mobile Web Intelligence Report Q1_2016-1 Mobile Web Intelligence Report Q1_2016-2

モバイル対応をする際、特にアプリ開発を考える際にまず考えることが、iOSアプリにすべきかAndroidアプリにすべきか、という問題です。

両方を同時に開発できれば悩まないのでしょうが、費用や工数のこともあり現実的ではありません。

この問題を解決する手がかりになるのが上の図です。
この図は、2016年第1四半期の各国のスマホベンダーのシェアを表したものです。(DevisAtlas調査)世界全国で見ると、AppleとSamsungがベンダーシェアの2強と言えます。

世界的に見るとAndroidがシェアを獲得しています。
対して日本国内で見るとAppleが強いです。

このことを踏まえると、国内向けのサービスの場合は、まずiOSアプリを先にリリースすべきでしょう。

また世界へ向ける場合は、Androidアプリを先にリリースするべきです。
アプリに対する市場の反応を見るために、できるだけ大きい市場から手をつけたほうが良いです。

国内と国外、どちらに軸足を置くかによって取るべき戦略も変わってきます。

まとめ

モバイルコマースの急成長は、スマートフォンが牽引しています。
ビジネスの大きな成長を目指すなら、モバイル対応への投資を検討するべきです。

モバイルコマースを取り巻く日本EC業界の現状
総務省が発表したデータでは、スマートフォンの普及率が64.2%、前年と比べて1.6ポイント増加と急速に成長しているそうです。 スマートフォンの普及に伴い、モバイル端末に対応したECサイトが大きく成長しています。 いままでPC向けサイ...