日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

A/Bテストとは?

ウェブマーケティング

A/Bテストとは?

A/Bテストとは、ひとつのウェブページについて異なるパターンを用意して
どちらのページがより高いコンバージョンを得られるかを検証する手段です。
A/Bテストは、スプリットテストとも呼ばれます。

ABテスト イメージ図

ABテスト イメージ図

訪問者をそれぞれのページに半分づつに振り分けて、データを得る作業です。
訪問者は、ツールを利用して自動で振り分けて、それぞれのページのコンバージョン率を比較検証します。

A/Bテストのツールについてはこちらで紹介しています。

反応率を上げるためのA/Bテストの実践
テストするべきページ効果を上げるためには、テストするべきページを見誤ってはいけません。コンバージョンに直結しやすいページの見つけ方を紹介します。以下では、ECサイトを例にします。ECサイトの場合、目標到達ページは「商品注文完了画...

A/Bテストにおけるページの呼び方について

A/Bテストでは、1つのページにおいて2種類以上のバリエーションを比較します。
このとき

・オリジナルページを、コントロールページ(上の画像の例ではページA)
・他バージョンのページを、バリエーションページ(上の画像の例ではページB)

と呼びます。

なぜA/Bテストを行う必要があるか

A/Bテストは、膨大なお金をかけずにコンバージョンを増やすことができます。
例えば、有料広告を出す場合、お金をかければかけるほどサイトへの訪問者が増えて、一見コンバージョン率も上がると思いがちです。

しかし実際は、広告を出しただけではコンバージョン率は上がりません

A/Bテストの目的は、サイトを最適な形に調整することでコンバージョン率を上げることです。
しかし、世の中にあるほとんどのサイトは、いわゆる「ベスト・プラクティス」と呼ばれる、どこかのサイトで効果のあったものをそのまま自分のサイトに適用してそれで満足してしまっています。

よく考えると、そのベスト・プラクティスがあなたのサイトの訪問者にとっての「ベスト」な形なのかどうかは、テストしてみないと判らないわけです。
ベスト・プラクティスを参考にするのは良いですが、必ずコンバージョン率が改善されているかテストするべきです。
あなたのサイトにとってベストな形を探す手段が、A/Bテストというわけです。

テストする前に仮説を立てる

しかし、やみくもにテストをしてはいけません。
A/Bテストに着手する前に、必ず仮説を立てましょう。

ページの構成や内容が、次のポイントについて改善すべき点がないか洗い出してみます。

・関連性
・明確性
・緊急性
・不安感

関連性を例にしてみます。

例えば、
訪問者の目的は「ノートパソコン用のバックを買う」ことだとします。

その人は、ノートパソコン用バックの広告をクリックして、ウェブページに訪れました。
しかし、そのウェブページには、ノートパソコン自体の写真が一番目立っていて、肝心のバックの説明は、その写真の下に表示されています。

これでは、訪問者の目的とページ内容の関連性が薄いです。

そこで、
「バックの画像を一番目立たせて、購入ボタンをページ上部にも配置したらコンバージョン率は上がるかも」
という仮説が立てることができます。

こういった仮説を立てていき、A/Bテストで検証していきます。
A/Bテストは、仮説を検証する手段です。

A/Bテストを有意義なものにするかは、どれだけ適切な仮説を立てられるかにかかっています。
仮説づくりには「LIFTモデル」というフレームワークを利用すると便利です。

良質な仮説づくりのためのフレームワーク「LIFTモデル」という記事に詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

以下記事にもA/Bテストやコンバージョン率最適化について書いています。

コンバージョン率最適化の5ステップ戦略
効果を上げるためのA/Bテストの実践