「AI 定評のあるシステム開発会社9選」に取り上げていただきました
大切なのは適切なIT活用

ムダのない適切なIT活用で
御社ビジネスの競争力強化をお手伝いします

ロカラボについて

スマホもパソコンと同じ道を辿っているのか

ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

世の中の流れは早いと最近特に感じます。

数々の新しい商品が出ては、数ヶ月後にはまた新しい商品が発表される、というのが普通になってきました。

ただ歴史を振り返ると、形は変われど同じ流れをグルグルと回っているんじゃないかと思うわけです。「歴史は繰り返す」というやつですね。

今回は、「スマホもパソコンと同じ道を辿るのか」という観点で考えてみたいと思います。

パソコン市場の歴史を振り返ってみる

過去10年くらいの間、各メーカーで毎年のように行われていたパソコン(PCやMac)の新商品発表とそれに伴う機能のアップデートのほとんどは、イノベーションに近いものでした。

しかし今では、パソコンは十分に洗練されたものになっていて、今までのような大きな革新的な飛躍は難しくなってきています。

ただ、革新的な飛躍はないとしても、パソコン市場は死んだわけではありません。

全世界で10億人を超える人々が仕事や遊びのために毎日パソコンを使用しているということを考えても、パソコン市場が死んでいないことが明らかです。

しかし、実際には10年前にパソコンでやったのと同じことを、変わらず今もやっています。
ハードウェアは変革していますが、それをどのように使うかはそんなに変わってはいないわけです。

毎年のようにパソコンはますます良くなり、僕たちが必要とするものをより簡単かつ迅速に実行できるようになっています。

ここ数年で、PCやMacにとって高く評価された新しい機能はたくさんありますが、それらは必ずしも革新的ではありませんでした。スマートフォンもパソコンと同じような段階に入りつつあります。

今後のイノベーションはカメラ周り

僕たちは、スマートフォンメーカーがイノベーションを起こすことを期待しています。

僕は主にARやVRがメインとなった新しい利用シーンが出てくるんじゃないかと予想しています。
つまり、今後数年間にスマートフォンに登場する最も興味深い新機能は、カメラ周りにあるということです。

サムスンやGoogleもすでにカメラ周りの新しい機能やサービスを開発しています。

今年2018年から来年にかけてのスマートフォンの話題は、カメラセンサーの周りの新しい機能と競争になっていくはずです。

今後ますます、ARやVR、それに加えてAIも活用した新しい機能が標準になっていきます。

例えば、サムスンの新機能は、食べ物を撮影すると、総カロリーを表示してくれます。
Google Lensは、カメラが物体に向いているだけで、その物体の情報を表示してくれます。

これらの機能は、すべてのスマートフォンの標準機能になっていくはずです。

スマートフォンもパソコンと同じ道を辿っているのか

スマートフォンの最新機器リリースの内容が革新的なものではなくなるにつれて、リリースサイクルが長くなる傾向があります。

スマートフォンは、パソコンと同じような道を辿っています。

パソコンの機能が十分になったときに、パソコンのリリースサイクルが長くなったのは、パソコンの機能が僕たちにとって十分なものになったからです。
それに加えて、スマートフォンの利用が増えたことも理由として挙げられます。

スマートフォンの最新機器リリースのサイクルは、パソコンよりもずっと短いですが、1台のスマートフォンを利用する期間は長くなってきているそうです。スマホメーカーが期待しているほど、スマホを頻繁に買い換えないということです。

世界での平均利用期間は約2年ですが、米国や日本などの国では、スマートフォンの平均利用期間が28〜30ヶ月に伸びてきているようです。

現時点では、iPhoneの平均利用期間は、Android端末の平均利用期間よりも長くなっています。

スマートフォンの平均利用期間が伸びている今、メーカーにとっては厳しい状況が続くことになります。Appleなど、スマートフォンの販売にのみ依存していないビジネスモデルを持つ企業は、この厳しい状況の中でも強いです。

「スマートフォンもパソコンと同じ道を辿る」と
想像することが新しいビジネスチャンスにつながる

先ほどお話したように、スマートフォンはカメラ周りのイノベーションが始まったばかりです。

イノベーションがひと段落した後、パソコンと同じようにさらに生活に不可欠な存在になり、コモディティ化が進みます。

スマートフォンがこれから作る歴史は、パソコンが作ってきた歴史を見ることによって、少なからず予想をすることができます。

パソコンの歴史は30年以上にもなっていて、ほとんどの人々の日常に組み込まれています。

スマートフォンもパソコンと同じ道を辿っていると考えると、そこに新しいビジネスのチャンスが眠っていることに気づきます。

パソコンがスマートフォンに進化したように、もしかしたらスマートフォンが何か他のものに進化するかもしれません。

まとめ

僕たちは進化の真っ只中に生きています。

現状に安住することなく、常に消費者に価値を提供することを模索していくことが、良いビジネスをする上で最も大切なことだと改めて思います。