ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

A/Bテストの結果からノウハウを抽出する

ウェブマーケティング

A/Bテストの目的は、ひとことで言うと
ユーザーを知ることに尽きます。

自分のビジネスのターゲットとするユーザーを理解することで
いままで見えていなかったニーズや、ビジネスを発展させるためのアイデアやヒントが見えてきます。

ターゲット顧客については「ターゲットを絞り込む」で説明しています。あわせてご参照ください。

適切な質問がカギ

適切な答えを得るためには、適切な質問をすることが重要なポイントです。

テストした結果だけで満足せずに
「なぜ」「どうして」
と、適切な質問を考えることで、テスト結果のもつ意味を知ることが大切です。

次に質問のサンプルをいくつか紹介します。

質問サンプル

なぜ、オレンジボタンのほうが緑色ボタンよりコンバージョン率が高いのか?
なぜ、このヘッドライン(タイトル)のほうが、反応率が高いのか?
なぜ左側へ配置したCTAボタンより、右側に配置したほうがコンバージョン率が高いのか?
なぜ広告からの流入より、Facebookからの流入のほうがコンバージョン率が高いのか?
これらのテスト結果から得られるユーザーの購買心理はどういったものか?
なぜ男性(または女性)のほうがコンバージョン率が高いのか?

質問を繰り返すことでノウハウを得る

たとえテストが失敗に終わったとしても、そこから得られた結果について、適切な質問を繰り返して答えを考えることで次に繋がるノウハウを得ることができます。

得られたノウハウは、新しい仮説を立てるための材料になります。

仮説の立て方については「LIFTモデル」で説明しています。あわせてご参照ください。

ここでいうノウハウとは、あなたのユーザーをよりよく理解するための情報です。テストを通してユーザーを知ることで、コンバージョン率の向上、ひいてはビジネスの成長にもつながります。