日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

アフィリエイトは稼げない?稼ぐ方法を考える

アフィリエイトは稼げない?稼ぐ方法を考える ITビジネス戦略・ビジネスモデル研究
アフィリエイトは稼げない?稼ぐ方法を考える

「アフィリエイトで稼ぐにはどうしたらいいですか?」
こういった質問を最近いただきました。

ネットビジネスといえば決まってアフィリエイトやドロップシッピングが話題に上がります。

「あなたもこのアフィリエイトの方法で1日数時間作業するだけで月数百万稼げる!」なんてよく見かけますが、かなり疑わしいですよね。
確かに、アフィリエイトで月数百万とか稼いでる人は実際に存在しますが、そんな人はごく一部です。

今回は、アフィリエイトについてよくいただく質問に対する回答の代わりに、どうすればアフィリエイトで稼げるか考えてみたいと思います。

そもそもアフィリエイトって稼げるの?

私としては、アフィリエイトに対してとても懐疑的です。
アフィリエイトだけでは稼げないと思っています。
ましてや、「1日数時間の作業で〜」なんて、ありえないです。

「アフィリエイトで稼いでる」といわれる方のほとんどは、アフィリエイトからの売上げが月5〜10万円ほどではないでしょうか。
副業や趣味程度でやるならいいですが、アフィリエイトをメインのビジネスとしてやるのはお勧めしません。

今回は、アフィリエイトで稼ぐ方法について考えてみたいと思います。

アフィリエイトで大きく稼ぐための要素

まず最初に、どうすれば大きく稼げるか、売上げを大きくするための要素について考えてみます。

扱う商品について

扱う商品の選別は大切です。商品の選別いかんによってアフィリエイトの売上げが大きく変わるからです。以下のようなポイントがあります。

話題性のある旬な商品

テレビなどで取り上げられた商品は、注目度も高くなるためたくさんの人が購入します。
テレビやラジオ、インターネット上で話題になっている商品を取り扱うと販売数が増えるので、売上げが上がりやすいです。

しかし、そういった商品を狙っているのは他のアフィリエイターも同じです。
人気のある商品はライバルが多いのが難点です。

マニアックな商品

よく言われる「ニッチ」な商品です。
ニッチな商品は、ライバルも少ないですが、買う人も少ないです。
ニッチな商品を狙う場合は、次のポイントも大切になります。

単価の高い商品

単価の高い商品は、売れればアフィリエイトで入ってくる手数料の金額も大きくなります。
話題性のあって単価が高い商品は、アフィリエイトのライバルも多いので、ニッチで単価が高い商品を狙うのが良いでしょう。

アフィリエイトサイトの数

アフィリエイトサイトを量産して複数もつことも、稼ぐためのひとつの要素です。
「塵も積もれば」方式です。

作業の自動化

サイトを複数持つ場合は、作業の自動化がポイントです。
ひとりでは複数のサイトをそれぞれ同じ労力をかけて運営することは不可能です。
システムなどを利用して、できる限り運営の手間を省く必要があります。

サイトを複数持つ場合のポイント

・話題性がある旬な商品を扱うサイトは、システムなどで作業の自動化をして手間を省く1

・ニッチな商品を扱うサイトは、手間をかけてサイト内のコンテンツを充実させる

これはあくまで「サイトを複数」もつ場合です。
話題性のある商品は、ライバルが多いので、「売れればラッキー」ぐらいの気持ちで、そこにかける労力を最小限に抑えましょう。
空いた時間で、ニッチで単価の高い商品のアフィリエイトに労力を注いだほうが、より効率的に稼ぐことができます。

稼ぐアイデア

最後に、アフィリエイトで稼ぐアイデアを紹介します。

アフィリエイトと併用

アフィリエイトだけでは、なかなか大きく稼ぐことはできません。
他の稼ぎ口とアフィリエイトを併用することで、全体の売上げを大きくすることができます。

・Google Adwordsなどの広告掲載
・オリジナル商品を売る

広告掲載は、既にやられている方も多いと思いますので説明は省きます。

オリジナル商品について少し説明します。

グッズやTシャツなどオリジナル商品を作れる方は大きな強みです。
アフィリエイトと併せて、是非自分のオリジナル商品も販売することをおすすめします。

そういった商品を作れない方はどうすればよいか。
それは「情報商材」を作るという方法があります。2

もしファッション系のサイトであれば
「男にモテる着まわし術マニュアル」なんてのも良いですし
教育系のサイトであれば
「英語完全マスター10のステップ」なんてのも良いですね。
こんな感じのサイトをよく見ますよね。

また
「あなたも1日10分の作業で、月100万達成!アフィリエイトの極意」とか(笑)

もう気付いている方も多いと思いますが、世に出回っている「アフィリエイトで稼いでる人」というのは、アフィリエイトではなく、情報商材など他の商品を売ることで利益を得ています。

実際にその方がアフィリエイトで大きな利益を上げているのかもしれませんし、そういった情報商材の効果もあるかもしれません。
しかし、ただでさえアフィリエイトが一般的になった昨今、みすみす自分のライバルに手の内を明かすようなことをするでしょうか。

こういったことが、アフィリエイトに対して私が懐疑的な理由のひとつです。

まとめ

最後は、若干取り乱し気味の文章になってしまいましたが(笑)、やり方やアイデアによっては、アフィリエイトでもある程度の売上げを得ることはできます。

しかし、売上げを得るためには、普通のビジネスと同じくらい労力が必要です。マーケットの研究や戦略、併せて継続した実践がとても大切で、手間をかけなければアフィリエイトと言えど稼ぐことはできません。

「アフィリエイトで稼ぐにはどうしたらいいですか?」
という質問に対する私の回答は

「どれだけ稼ぐかによりますが、片手間でやる分には良いと思います。しかしアフィリエイトで大きく稼ごうと思うなら、他の稼ぎ口と併用することをお勧めします。それなりの覚悟を決めてしっかり勉強して労力をかけてください」
です。

Reaction GIF: wink, Bryan Cranston, Walter White, Breaking Bad


  1. 実は、以前アフィリエイトを自動化する簡単なシステムを作り、半自動でしばらく運営していました。キーワードの調整など1週間に数分の作業だけでしたが、多いときに月5万円ほど売上げがありました。その際もニッチな商品ではなく、人気のあるファッション系の商品を扱っていました。

  2. 情報商材とは、PDFや音声、動画などで作られたマニュアルみたいなものです