日本中の中小企業を元気にする

人を大切にするIT技術支援

・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・社員がイキイキと働くための仕組みづくり
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

ロカラボとは

幸運の女神は準備されたところにやってくる。期待せずに目標に向かって愚直に行動する

起業・独立・経営

こんにちは、荒井(@yutakarai)です。

幸運の女神はふと目の前に現れる

ビジネスアイデアは突然降ってきますが、それは偶然ではないです。

ただアイデアが突然降ってくるには条件があります。

・日頃から問題意識を持っている
・アンテナを張っている
・インプットをして勉強している
・継続した行動をしている

こういった条件があってはじめて、アイデアが目の前に現れます。幸運の女神がふとアイデアを渡してくれるようなイメージです。

想定通りにいかない難しい課題を抱えた困った状況にこそ、幸運の女神がやってきて、次のステージへの扉が開いていることを教えてくれる気がします。

幸運の女神は下心が嫌い

最近気づいたことがあります。

幸運の女神は下心が嫌いっぽいのです。

・これやったら良いことあるかも
・こうしたらアイデアが降ってくるかも
・これやったから、きっとうまくいくぞ、ぐふふ・・

というような下心、言い方を変えると「期待する心」は持っていないほうが良いようです。

どうやら幸運の女神は
行動や目に見えていることではなく
心の状態/考え方を見ている、ようです。

期待せず、ただ愚直に実現したいことに向かって行動をしている人に、幸運の女神は手を差し伸べてくれます。

チャンスを逃さない積極性

「調子にのると足元をすくわれる」
という教えがありますが、
調子に乗れるときに調子に乗らないと事業は伸びません。

ビッグウェーブが来た時こそ調子に乗るべきタイミングです。

事業におけるビッグウェーブとは、

・大企業との契約
・良いビジネスアイデア
・新規事業が伸びている

こういったようなことです。
調子にのり、どんどん攻めて、その勢いを止めないことが大切です。

人生の中で飛躍できるタイミングは、そう何度も来ません。

「来た!」と思ったら迷わず攻めていくべきだと考えています。弱気を出さず、勢いを止めないために進むべきです。事業のリスクは、挙げはじめたらキリがありません。考えうるリスクヘッジをしたら、迷わず進むべきです。

進めば、困難もある、挫折もある、でも前に進む。こういった積極性を持って日々の行動を積み重ねていると、ふと幸運の女神がやってくるのではと思っています。