ロカラボは日本のモノづくりを全力で応援する会社です

メイドインジャパンを盛り上げる!

・AI/IoT/RPAの導入支援
・地に足のついたムダのない適切な技術活用
・大手にはできない柔軟性と親身な対応

御社の価値を最大限に引き出し一緒に成果を出していく一歩を踏み出しませんか?

詳細はこちら

ランディングページ最適化でまず着目するべき基本項目6つ

ウェブマーケティング

ランディングページは最もA/Bテストが重要になるページのひとつです。

いくら効率よく集客できたとしても、ランディングページの出来によってコンバージョン率が大きく変わってきます。
以前のこちらの記事でランディングページ最適化について紹介してますので参考にしてください。

コンバージョン率を上げるためには、仮説とテストの繰り返しが必要です。
しかし、どこの項目からテストするべきか迷ってしまう場合があります。

今回は、ランディングページ最適化でまず着目するべき6つの項目について紹介します。

1.タイトル

タイトルは、ユーザーがページに訪れて一番最初に目にするものです。
ユーザーがページに訪れた目的にマッチしているかが大切です。

広告からの流入の場合、広告の文章と、タイトルの内容がマッチしていることが最低条件です。
ユーザーは広告で訴求している内容に惹かれて、広告をクリックしているはずです。ずれたタイトルだと、ユーザーはページを離れていきます。

2.ボタンの色

CTA(コールトゥアクション)ボタンの色は目立っているでしょうか?
また、単に目立てば良いというだけではなく、色によってもクリック率が変わります。

ボタンの色については、ネット上でも色々と意見があります。
「黄色のボタンはAmazonで見慣れているからクリック率が高い」
「青系よりもオレンジ系のほうが安心感を感じてもらいやすい」
などです。

しかし、これは必ずしもあなたのユーザーに当てはまるわけではありません。
世の中にある「ベストプラクティス」というものをそのまま信用するのはやめましょう。
参考にする程度にして、自分のページでは効果があるかテストをして検証するべきです。

3.ボタンの大きさ

ボタンの大きさも大切な要素です。
小さすぎて見つけづらかったり、逆に大きすぎていないでしょうか。

意外に思われるかもしれませんが、ボタンの大きさを変えるだけで、コンバージョン率が上がるケースがあります。
パソコンでの閲覧かスマートフォンでの閲覧か、どちらが多いかでも変わってきます。

4.ボタンの文言

ボタンをクリックしてもらうためには、ボタンの文言次第でかなり変わります。

例えば、メールマガジン購読のCTAボタンの場合「購読する」という文言よりも
そのメールマガジンを購読することで享受できるメリットを記載したほうがより効果的です。
しかし、これもターゲット顧客によって傾向が異なりますので、テストは必要です。

5. CTAの数、位置

ひとつのランディングページでのCTA(コール・トゥ・アクション)は1種類にしましょう。
ユーザーに行動してもらいたいことを1つにすることで、混乱を防ぎます。
ランディングページの目的が「メールマガジン購読」なら、それだけにしましょう。

メールマガジン購読の他に、関連する商品の宣伝などを入れたりと
あれもこれもとCTAを含めるのは、コンバージョン率を下げる原因になります。

またCTAの位置を変えただけで、コンバージョン率が上がるケースもあります。
一般的に、ユーザーの目の動きは、ページの左上部から右下部へ向かって動くと言われています。
CTAをユーザーの目の動きの先に配置することが効果的です。

6.画像

ランディングページに表示している画像は注目を集めるものか。
また、ユーザーの目的の内容とマッチしているか。

見た目は大切ですが
オシャレ感を出すのにこだわりすぎて、無関係な画像を表示するのは返って逆効果です。
ユーザーが享受できるメリットが表現されている画像であれば最適です。
しかし場合によっては、画像が無いほうがコンバージョン率が上がるケースもあります。

・女性が映っている画像は効果的
・画像に写る人の目線の先に注目しやすい
など、画像に関してもたくさんの情報があります。

こういった情報を参考に、最適なページの内容を探っていきましょう。

まとめ

ランディングページはコンバージョン率に大きく影響しますので
細かいところも怠らず、地道に仮説とテストを繰り返すことが大切です。

まずは今回紹介した6つの項目について仮説を立てて、A/Bテストしてみましょう。
仮説とテストを繰り返していくうちに、また新たに着目すべき項目が浮かび上がってくることもあります。

仮説の立て方については「LIFTモデル」で詳しく解説しています。適切な仮説を立てるために、ぜひ参考にしてみてください。